田中 耕一の名言 Koichi Tanaka

田中 耕一(Koichi Tanaka)Wikipediaより

失敗からは、必ず新たな発見がある。
最近は、失敗するのが楽しみになってきました。

田中 耕一 Koichi Tanaka

化学者 エンジニア ノーベル化学賞受賞者 1959〜


失敗を楽しめる境地に入ってくると、全てのことを愉しめるようになってきます。

失敗からは、明らかに成功より学べることが多いですね。

まだ実現していない未来へのチャレンジには、可能性があるだけで確約されたものは何もありません。

その可能性にチャレンジして、ひとつずつ試していくしかありません。

やってみなければ結果の出ないことを、いくら考えていても埒は明きませんね。

自然界で人間のやるチャレンジは、無数にある組み合わせの中から、上手くいく組み合わせを見つけることです。

膨大な組み合わせがある中で、数少ない上手くいく組み合わせを見つけるのに、ひとつふたつの上手くいかない組み合わせに遭遇して、いちいち立ち止まっていては、なかなか成功の組み合わせには辿り着けません。

上手くいかないことや、失敗をするたびに、上手く行く、成功の組み合わせに近づいていると考えていくことですね。

また、本来の夢を目指すのと同じように、チャレンジの結果を上手く行かせることを目指すのではなく、夢の実現に向けて、出来ることを精一杯やることに専念することです。

どんなに完璧なチャレンジをしても、結果が上手く行く確率は、自然界ではせいぜい2割程度ですから、精一杯のチャレンジが出来なければ、それだけで確率が落ちてきます。
結果は、成功も失敗も夢の実現に近づいてるだけで、その結果に一喜一憂する必要はありません。

人間の脳が最大に力を発揮するのは、喜びの刺激を与えてあげることですから、結果の捉え方や、目指すものを喜びにしてあげることですね。

田中さんの、能力を高めていく方法の言葉もありました。

自分の能力の100%を狙っても、ときには失敗して落ち込む。
次は90%を狙ってそれも失敗すると、さらに目標が小さくなる。
だからといって200%を狙うと、失敗ばかりです。
そこで110とか120%を狙うんです。すると、たまにはできるんですね。
それを繰り返して、少しずつ伸ばすことを積み重ねると、いつの間にか120%が当たり前になると思うんです。


当たり前のレベルを高めていくこと。
これが、本当に大切なことですね。

もうひとつ、田中さんの言葉です。

自分だけの夢を見つけてください。
そしてその夢を大切に温めれば、いつか何かを達成できます。


どうぞ、失敗を怖れることなく、成功も失敗も喜びのエネルギーに変えて、あなたの素晴らしい才能を秘めた脳に喜びの刺激を与えてあげてください。

(浜本哲治)

2002年10月11日、総理大臣官邸にて東京大学名誉教授小柴昌俊(左)、内閣総理大臣小泉純一郎(中央)と Wikipediaより
2002年10月11日、総理大臣官邸にて東京大学名誉教授小柴昌俊(左)、内閣総理大臣小泉純一郎(中央)と Wikipediaより

LINEで送る