山本 周五郎の名言 Shugoro Yamamoto

山本 周五郎(Shugoro Yamamoto)Amazonより

幸運を望む男よ、お前が三つしか事を為さないのに十の結果を望んでいる間は、幸運は来はしない。
幸運を望む男よ、お前が二つ結果を得る為に、十の事を為したら必ず、幸運は来るぞ。

山本 周五郎 Shugoro Yamamoto

大正・昭和の小説家 1903~1967


まさに自然の摂理ですね。

「20:80の法則(パレートの法則)」が、
https://meigen.pt-hamamoto.biz/index.php?256

至るところで適用されている自然界では、事を成す時に肝に銘じておかなければならないことでしょう。

植物たちの80%の結実も20%の枝から採れると言われています。

では多くを採れない枝が無駄なもので、排除するべきかと考えれば、そうではないことは明らかなことでしょう。

多くの葉があるからこそ結実が迎えられることになります。

人間は10為したことで、全てが報われるか報われることの方が多くないと、それを無駄だった、徒労だったと考えたり。

夢の実現のために届ける愛も10人に届けて、喜んでもらえる人が2人いれば大成功であるのが自然界なのですが、届かない8人の人に不満を漏らしたり、届かないことに辟易としてしまって届けることを諦めてしまう人が多い傾向にありますね。

夢の設定にしてもそうですね。
愛を届けた結果として与えられる2を夢として設定して、夢の実現が近づかないと苦しんでいる人は意外と多いものです。

目指すのは10人の人に精一杯の愛を届けることであり、もっと言えば2人の人に届くまで多くの人に届け続けることです。

結果として与えられるものを目指したり、そこに心が向いていると、なかなか実現していかないのも自然界の真理でしょう。

あなたの素晴らしい才能や、才能が生み出した誰かを幸せにする愛を、どうぞ一人でも多くの人に届けてください。

ひたすらそれを続けていくことで生かされていくのが自然界ですね。

(浜本哲治)

LINEで送る