春日 潜庵の名言 Senan Kasuga

春日 潜庵(Senan Kasuga)Wikipediaより

いかに弱き人といえども、
その全力を単一の目的に集中すれば、必ずその事を成し得べし。

春日 潜庵 Senan Kasuga

江戸末期から明治初期の陽明学者 1811~1878


事を成し遂げる能力は、間違いなくひとつの能力の大小よりも、いかに積み重ねたかの影響の方が大きいのは言うまでもないことですね。

塵も積もれば山となる。
は、まさに言葉通りですが。

一日も、一生も時間が限られていて、積もらせることの出来るエネルギーは、人間は大差なく限られています。

限られた塵であるエネルギーをまんべんなく振り撒いていても、どこにも山は出来ずに終わってしまうことになるでしょう。

その塵を、どこに、どのように、積もらせていくかがとても大切なことですね。

これは、個人であっても組織であっても同じことが言えるでしょう。

わかってはいても、エネルギーが分散されてしまうような環境になっているのが、現代の特徴であるかもしれません。

情報も出来ることもたくさん溢れていて、ついつい目移りしたり、心を奪われて焦点が定まらない結果になっていることは本当に多いものですね。

現代は、これだけ情報も豊富に、簡単に手に入るように便利になっていて、物などをたくさん作りだすことは出来るようになっていますが、一人ひとりが能力を存分に発揮して創造できたり、成長、進化が速くなっているとは決して言えない状況でしょう。

むしろ、より自由であるにもかかわらず、自分たちで縛りつけて能力の発揮を妨げていると言えるかもしれませんね。

もし本当に人間界が進化に向かっているのであれば、前に進むほどに、一人ひとりがもっと持てる才能を発揮して行ってもおかしくないでしょう。

自然との関わりで明らかではありますが、こういうことを感じてみても、人間界の進んでる方向は本当の進化の方向ではないでしょう。

一人ひとりが進化していける人間界は、環境が先か、一人ひとりの進化が先かは、自然界の法則からしても、個々人が進化していくことで環境が変わっていくことは間違いありません。

どんな環境であっても、エネルギーをひとつに集中させて大きな山にしていくことは出来ます。

どうぞ、もっともっとあなたの素晴らしいひとつの才能にエネルギーを集中させて、磨き込んでいってください。

一点にひたすら注がれたエネルギーは、積もって抜きん出た山にもなりますし、硬い岩にも穴をあけていきます。

ぜひ、あなたが実践して大きな塵の山を創り、未来の子どもたちが当たり前に遺憾なく能力を発揮できる、社会環境のお手本、礎にしていってください。

あなた自身が、あなたの才能を日々ワクワク成長、進化させて、充実した人生にしていくことが、未来の子どもたちの財産になりますね。

(浜本哲治)

LINEで送る