北里 柴三郎の名言 Shibasaburo Kitazato

北里 柴三郎(Shibasaburo Kitazato)Wikipediaより

医者の使命は病気を予防することにある。

北里 柴三郎 Shibasaburo Kitazato

医学者 細菌学者 日本の細菌学の父 1853〜1931


これは、あらゆる分野や才能にも言えることでしょう。

本質は何か、根本は何かに踏み込んでいくこと。

今要求されているフィールドだけで、能力を発揮することを考えていると、能力の進化もありませんし新たな創造も生まれません。

誰かの幸せを実現するという目指す夢も、今のレベルの中で考えていくと、時間のエネルギーが経過した未来では多くの人の幸せは実現していかないでしょう。

これは個人にも組織にも言えることですが、企業の低迷や淘汰を見ても明らかなことです。

誰かが創造したフィールドで模倣、付け足しをしているだけでは未来はありませんね。

流行りに翻弄されたり、今流行っていることを追いかけても可能性は狭まるばかりです。

今できる幸せを届けながらも、常にさらに深く追求していくこと、未来を見据えて創造していくことをやっていくことが重要です。

そして未来を見通す時に大切な観点が、本質、真理はどこにあるかを考え感じることでしょう。

人間界が自然界で人間が中心と考え、人間のことだけを考えて、不自然に成長させてきたシステムなどが、今いつ破綻してもおかしくない状況になってきています。

未来を見据える時に、自然界の一員である認識とともに、その自然界のルールが何であるかということをしっかり感じ、把握していくことが大切です。

今追求していることの本質や理想と照らして、ぜひ未来の世の中に必要とされる方向に、どこまでも深く追求していってください。

そこには今に生かされているあなたに、与えられている才能が必ず必要とされます。

先人が築いてくれた今を単に生きるだけでは、奇跡的な確率で生を与えられて、未来を創る使命を受けていることが見出せませんからね。

どうぞあなたの才能に、よりよい未来を創るために能力が与えられていることを確信を持ってあげることや、未来を見通すという翼を与えてあげてください。

きっとあなたの才能はさらに覚醒して、大きく羽ばたくことになりますね。

これまでに紹介した、北里柴三郎さんの言葉です。

(浜本哲治)

「伝染病研究所」の外観を模した近代医科学記念館(東京大学医科学研究所)Wikipediaより
「伝染病研究所」の外観を模した近代医科学記念館(東京大学医科学研究所)Wikipediaより

LINEで送る