ジェイムズ・ボールドウィンの名言 James Arthur Baldwin

ジェイムズ・ボールドウィン(James Arthur Baldwin)Wikipediaより

直面したからといって、全てを変えられるわけではない。
だが、直面しなければ何ひとつ変えられない。

ジェイムズ・ボールドウィン James Arthur Baldwin

米国の小説家・著作家・劇作家・詩人・随筆家および公民権運動家 1924〜1987


夢に向けて順調に進んでいる時は、そのままチャレンジを続けて問題ないでしょうが、実はこの段階からさらに先を見据えて準備やチャレンジを開始しておくことが、継続的にチャレンジの成果を受け続けるコツです。

しかし、日々現状に甘んじることなく進化を目指したチャレンジができていればいいのですが、順調な時ほど、例えばチャレンジの内容などを変えることは難しいものです。

そういう意味でも苦境や壁に遭遇することは、変化、進化のために与えられた、気づかせてくれているチャンスと捉えることです。

自然界で起こることには無駄はなく、原因があって結果が出てきていますからね。

ひとつには、自然界のルールに沿っているか、摂理から外れたものはないかをチェックして修正していくことにチャレンジしていくこと。

そして別の側面から見れば、能力の進化を促されていると感じて進化にチャレンジしていくチャンスでもあります。

苦境や難題としてあなたに降り掛かってくることは、まずそれを乗り越えていく能力が、あなたに備わっているという意味があることは間違いありません。

とても無理なことは、その人が直面することなく素通りしていきますからね。

そして苦境や壁と感じられることは、今の自分の能力では難しいと感じることでしょうから、その能力はまだ自分では感じられていないものが、あなたの中で醸成されていると考えることです。

顕在能力のレベルが高まれば、当然潜在能力も高まっていますから、まだあなたにも感じられていない、あなたの能力に対して苦境は訪れるものです。

どこまで成長、進化しても壁には必ず遭遇します。

どんな壁に遭遇しても怯んだり怖れたりする必要はありません。
むしろあなたの成長を喜ぶべきでしょう。

苦境や壁に遭遇することも変化ですが、どんな変化も等しくチャンスです。

そのチャンスを掴んで、いかに夢の実現や能力の進化に繋げていくかですね。

日々変化、進化している自然界では常に変化することが求められています。

大きな進化は時間のエネルギーに任せて、日々少しでも昨日より進化していることを感じられるチャレンジをしてください。

日々進化をしていると直面する壁も進化の速度を加速して、さらに相乗効果を享受できますね。

タイムリミットがありますが、どこまでも進化できるあなたの才能を、その期限までにどこまで伸ばせるか。
ぜひ楽しみにチャレンジしてください。

(浜本哲治)

ボールドウィン(中央右)とハリウッド俳優チャールトン・ヘストンおよびマーロン・ブランド。1963年 ワシントン大行進で。後ろの群衆の中にシドニー・ポワチエ とハリー・ベラフォンテも見える。Wikipediaより
ボールドウィン(中央右)とハリウッド俳優チャールトン・ヘストンおよびマーロン・ブランド。1963年 ワシントン大行進で。後ろの群衆の中にシドニー・ポワチエ とハリー・ベラフォンテも見える。Wikipediaより

LINEで送る