マルティアリスの名言 Marcus Valerius Martialis

マルティアリス(Marcus Valerius Martialis)Wikipediaより

人生を愉しむのは明日からにしようだって?
それでは、遅すぎる。
愉しむのは今日からであるべきだ。
いや、より賢明な生き方は、昨日からすでに人生を愉しんでいる人の生き方ですよ。

マルティアリス Marcus Valerius Martialis

古代ローマ時代の詩人・エピグラムの始祖 40〜102


人生を具体的に愉しむのは、常に今しかありません。

過去を慈しみ、未来に希望を持つことはできますが、現実に具体的に愉しめるのは今だけです。

今を最高に愉しんだことが過去に流れていくことで、それが最高の想い出になっていきます。

心を過去のあの時に奪われている限り、その過去を超える過去は創り出せません。

未来の夢を実現した時に幸せが訪れると考えているとしたら、今の最高の積み重ねが夢の実現になりますから、夢の実現もままならないでしょうし、どこまで行っても常に未来に漠然とした期待だけを持って、幸せはどこにあるのかと感じるようになるでしょう。

今を最高に愉しむためには、未来のわくわくする夢はどうしても必要なものです。

ただそれは具体的に動ける今に手応えを感じるため、最高のチャレンジを生み出すためのものです。

過去のどんな出来事、体験も、具体的に動ける今に活かされてこそ過去の輝き、価値が増します。

どんな栄光も挫折も、そのままではあまり価値を生み出せません。

今を最高に生きてこそ、愉しんでこそ、明るい未来も進化した過去も築けます。

単に時の流れに身を委ねていては、自然界に存在するものは形のあるものに限らず、全てのものがどんどん劣化していきます。

何かを生み出せるのも、能力を発揮するのも今しかありません。

過去に放った、放たれたエネルギー、過去に経験したエネルギー、そして夢からのエネルギーを総動員して、今に集約、集中させて、最高の今、最高の愛を創っていくことですね。

変えられる今を変えない限り、未来も過去も変えられません。

どうぞ、今日を今を史上最高の一日に、最高に愉しんだ一日にしてください。

最高の一日は起こる出来事ではありません。どんな出来事も愉しめる心です。
心が笑顔の時間がどれだけ持てたか、心の笑顔の質がどれだけ高められたか。
最高はどこまでも追求できますよ。

(浜本哲治)

LINEで送る