カール・ヒルティの名言 Carl Hilty

カール・ヒルティ(Carl Hilty)Wikipediaより

人生において最も堪え難いことは、悪天候が続くことではなく、雲一つない晴天が続くことである。

カール・ヒルティ Carl Hilty

スイスの法学者 哲学者 政治家 1833〜1909


何の起伏もない、風景の変わらない、
真っ平らで真っ直ぐな道を行くことは、
非常に退屈で、飽きてしまい、辛いものでしょう。

山や谷があり、曲がりくねった道だからこそ、
進み続けられるものですから、
色んな遭遇する出来事は、歓迎すべきことですね。

そして、堪え難い状況にならないように、
自然界は常に変化していきます。

ただ、目まぐるしく変化していきますので、
翻弄されてしまっては、愉しめませんし、
変化を怖れる要因にもなっていきますね。

愉しめていない状況が続くと、
無意識のうちにも、抵抗感が出て、
言動もそれに伴ってきますから、
気をつけたいですね。

変化を愉しめるようにしていくには、
まずは、あらかじめ予想できること、
例えば、気候、天候などは、
愉しむ心づもり、準備をしておくことでしょう。

自然の変化に同調していくエネルギーの使い方は、
単に愉しむためだけではなく、
リズムに乗る体験をすることで、
顕在能力を充分に発揮していくためにも、
また、察知能力などをたかめたり、
潜在能力を引き出していくためにも、
思いを早く実現させていくためにも大切なことです。

思わず、天候を憂う言葉が出ていると、
それだけで、能力の発揮を妨げていると、
考えた方がいいですね。

天候、気候を愉しむことは、
夢の実現のチャレンジの第一歩と言ってもいいでしょう。

そして、その他の、
あなたに直接関連してくる変化や出来事は、
基本的に、あなたが放出、同調したエネルギーの、
共鳴によって起こっていますから、
そのあなたの中にある要因を感じたり、
能動的に変化を起こすことで、
変化、出来事を愉しめるようになります。

自分で意図的に起こした変化は、
愉しめる要素を見つけることは容易でしょうし、
原因がわかっていれば、同じく愉しめるでしょう。

そして、能力などの進化のために起こす変化は、
進化に向けた方向に、少しずつチャレンジを変えて、
出来事などの変化を吟味していくことです。

同じような積み重ねが続く、
夢の実現や能力の進化へのチャレンジに、
飽きたり、退屈した場合に、
他のことをやってみたり、
やめてしまったりしては、
なかなか、能力の進化は実現していきません。

自然界は、ほんのわずかな変化が、
大きな違いを生み出す世界ですから、
例えば、チャレンジのアプローチの順番を、
ひとつ変えただけで、
結果に大きな違いをもたらすこともあります。

この小さな可能性を、進化に向けて、
試していくだけで、同じようなチャレンジの、
変化や結果を大いに愉しめます。

変えたい習慣のアップデートには、
一気に新たな習慣に変えて、更新していくのがコツですが、
能力の進化には、小さな可能性を潰していくように、
チャレンジに変化を加えて、
起こる変化を感じてみることですね。

習慣の更新と、能力の進化のチャレンジを、
逆をやっているケースは多いですね。
どちらも、上手くいかないことが多くなります。

どうぞ、様々な感情に触れるような変化は愉しむものですが、
愉しめる変化を、能動的に起こしていってください。
そうすることで、必要以上に囚われる、踊らされる必要のない、
変化も見えてきます。

自然のリズムに乗ること、
進化に向けた変化を自ら起こすことで、
あなたの素晴らしい才能に、大きな進化を与えてください。

ちょっとした違いで、
あなたの才能や脳に与える刺激は、
大きく違ってきますね。

(浜本哲治)

LINEで送る