斎藤 秀三郎の名言 Hidesaburo Saito

斎藤 秀三郎(Hidesaburo Saito)Amazonより

私がこの世において幸福でなかったとしても、それが何であろう。
私は生まれる前は無であったのだ。

斎藤 秀三郎 Hidesaburo Saito

明治~大正の英語学者 教育者 英語辞典編纂者 1866~1929


この自然界に生を与えられて、自分の意思を持って変化を起こせる。

これだけで大いに幸せなことでしょう。

自然界の実体は全てがエネルギーですが、エネルギーはエネルギー単体では自然界で変化を起こすことはできません。

そこに意思があってこそ変化も進化も実現していきます。

奇跡的な確率で意思と能力、それを表現する身体を与えられたことは何ものにも代え難いものでしょう。

そこで何が起こったとしても、与えられた意思と能力と身体でどのような変化でも起こすことができます。

与えられた時間は短い時間ですが、その中で精一杯変化、進化を愉しみ、与えられた時間の中でしか起こせない変化、進化を精一杯起こしてください。

意思も表現するすべもない状態から、最後もその状態に戻っていきます。

今を愉しむしかない、今変化を起こすしかありません。

感情も大切なエネルギーですが、感情に囚われたり振り回されて変化を起こし愉しむことを逡巡、躊躇していては、せっかく授けられた奇跡の宝が本当にもったいないことですね。

幸せは今に変化を起こすこと、その変化を愉しむことの中にしかありません。

過去はどうにもなりませんし、明日が与えられるかどうかもわかりませんからね。

どうぞ全ての感情は愛のエネルギーに変換するだけで、日々精一杯の変化を起こし愉しんでください。

斎藤秀三郎さんのこんな言葉もありました。

語学修得は第一に多読である。
分からんでもよろしいから無茶苦茶に読むのである。
元来人生は分からんことばかりではないか。
それでも広く世を渡っているうちには処世の妙諦がだんだんと会得されてくる。
語学もこれと同じである。
広く読んでいるうちに自然と妙味が分かり、面白みが出て来て、しまいには愉快で愉快でたまらなくなるのだ。


日本から出ることなく、英語学者としてたくさんの辞書などを創られた斎藤さんですが、これは語学だけでなく様々な能力の開発にも言えることでしょう。

潜在能力を高めていくにも、引き出していくにも、思考の記憶を超える情報をインプットしていくことが非常に大切なことになります。

変化などの情報も貴重な情報です。
できるだけ多くの情報を体験してインプットすることで、あなたの潜在領域ではどんどん情報が融合されてアウトプットされる情報の質が高まっていきます。

感情に囚われることなく、ぜひあなただけに与えられた、あなたの脳にたくさんの情報をインプットしてあげてください。

思考で記憶しようとするとすぐにキャパシティオーバーになりますが、膨大な容量のある潜在領域には、あなたの一生分の全ての情報をインプットしてもまだまだ余裕があります。

あなた自身を、あなたの脳を信じてあげることが短い人生を最大に愉しむ秘訣ですね。

(浜本哲治)

LINEで送る