クエンティン・ジェローム・タランティーノの名言 Quentin Jerome Tarantino

クエンティン・ジェローム・タランティーノ(Quentin Jerome Tarantino)Wikipediaより

自分を磨くには、自己満足しないこと、自分の長所に頼り過ぎないこと、そして、常に新しいことに挑戦して自分を試すこと。

クエンティン・ジェローム・タランティーノ Quentin Jerome Tarantino

米国の映画監督 1963〜


さらなる高みを目指すこと、磨くことをやめてしまうと、変化が常の自然界ではあっという間に置き去りにされてしまいます。

才能、能力も長所にフォーカスしてそれをとことん伸ばし、磨いていくことは必須のことですが、これは誰か人に対しても同様ですが、頼り過ぎたり、安易に結果だけ求めたりしてしまうと、才能、能力であれば成長、進化させることが、人であれば愛を磨くこと、ひたすら届けることが疎かになってしまいます。

長所はその可能性、さらなる高みの領域を見出すチャレンジができてこそ、長所にフォーカスした最大のメリットが享受できます。

結果を得るためにチャレンジするのではなく、少しでも高みに到達するためにチャレンジすること。

そうすれば結果は自ずとついてきます。

誰しも授けられた才能、能力を追求していけば、その分野でエポックメイキングな発見、発明に辿り着けるものです。

そんな領域に到達するために長所、大好きなこと、愛し抜けるものが存在すると考え、感じるべきでしょう。

結果として与えられるものは、いずれにしてもその到達した領域でのものになります。

そしてある領域で満足して立ち止まって、愛の磨き込みや届けることをしなくなれば、あっという間に与えられるものもなくなってきます。

あなたに授けられた才能、能力はどこまでも進化できるものであることを、ぜひぜひ認識、理解して実感してください。

本来の才能、能力は年齢、経験が増すほどにポテンシャルが高まり、深く、遠くへと到達するチャレンジをしている限り衰えることはありません。

才能、能力を体力勝負のレベルにしておくことは、その才能、能力の本質に辿り着けていないということでしょう。

あなたの素晴らしい才能が進める道を、到達できる深さを、どうか思考で制限しないでください。

才能の進化が止まってしまう最大の要因は、思考で限界、枠を決めてしまうことです。

その中でも人間の得意な縛りは年齢でしょうか。

せっかくの二度とない人生ですから、どうぞ未来の子どもたちに、あなたにしか残せないものを届けられるところまで、あなたの才能を追求してください。

(浜本哲治)

キル・ビルで起用した女優ユマ・サーマンと Wikipediaより
キル・ビルで起用した女優ユマ・サーマンと Wikipediaより

LINEで送る