ジョサイア・ウィラード・ギブズの名言 Josiah Willard Gibbs

ジョサイア・ウィラード・ギブズ(Josiah Willard Gibbs)Wikipediaより。

数学とは語学である。

ジョサイア・ウィラード・ギブズ Josiah Willard Gibbs

米国の数学者 物理学者 物理化学者 エール大学教授 1839〜1903


どんな分野のどんなことであっても、そのことを愛し、深く追求が進んでいけば、そのことで表現することが、自分を最も端的に現す方法であったり、様々な現象を深く説明できる方法であったりするでしょう。

ジョサイア・ウィラード・ギブズさんのこんな言葉もありました。

数学者は自分の好き勝手を言えるが、物理学者は、少なくとも部分的には分別がなければならない。


ひとつの分野から深く掘り下げていくことで、他の分野の本質にも到達できることはよくあることですね。

現象は様々な要因が複雑に絡み合って起こっていることも多く、ひとつの分野から深く追求していくと、別の分野の深い知識や情報が必要になることもあります。

そしてこの深いところに辿り着こうとするエネルギー、その辿り着いた先で放出するエネルギー、さらにその先を探索しようとするエネルギー、そういうエネルギーによって出会う人やもの、出来事が決まってくるものでしょう。

目指すものが明確に見えていれば妥協する必要もありません。

仮に今素晴らしい出会いの片鱗すらも見えなくても全く気にすることはありません。

誰かを幸せにする愛の開発や、多くの人を幸せにする謎の解明などの本質に向けた追求であれば、必ずその深さ、目指す深さに応じた出逢いはあります。

妥協して今の出会いで間に合わせたとしても、目指すレベルや深さが違えば、さらに別の出会いが必要になります。

その過程で必要な出会いであれば、必然的に出会うことにもなりますが、出会いに固執するのではなく、あくまでもどこまでも深い、高い、遠い先、到達点を目指してください。

どうぞ、あなたが追求している夢を、分野を、才能をどこまでも深く愛してください。

その夢や才能で全てを物語れるほどの愛と追求の深さを求めていってください。

いずれにしても、そう遠くない将来に人生のタイムアップは必ず訪れて、否応なしに夢や才能の追求は止めなければならなくなります。

目指すことを止めてしまうと、成長、進化も間違いなく止まりますし、人生自体が愉しめなくなります。

深く深く愛すること。追い求めること。
どこまでも愉しんでくださいね。

(浜本哲治)

LINEで送る