金田一 京助の名言 Kyosuke Kindaichi

金田一 京助(Kyosuke Kindaichi)Wikipediaより

文字に託すだけでなく、心を伝えることが大切。

金田一 京助 Kyosuke Kindaichi

言語学者 民俗学者 1882〜1971


こんな、金田一京助さんの言葉もあります。

言語は結局知識の手段であって、目的ではない。


言葉は、文字にしても音声にしても、考え、思いなどを伝える便利な手段ではありますが、言葉でその全てを表現することは難しいでしょう。

また仮に全てを表現できたとしても、それが意図したままに届くことは、これまた非常に低い確率でしょう。

同じ言葉を同じように伝えたとしても、受け取る人が違えば、受け取り方はそれぞれに違って当たり前ですね。

そのギャップを埋めていくのが言葉のキャッチボール、会話になりますが、何度もキャッチボールを繰り返して色んなことに気づき見えてくるものですね。

また同じ言葉にどういうエネルギーを乗せるかでも、届き方は大きく違ってきます。

いずれにしても、届けようとする思いは愛だけで充分でしょうし、言葉に頼り過ぎることなく、そこに込めるエネルギーを言葉以上に磨きこんでいくことですね。

語彙よりもエネルギーです。

そして愛のエネルギーを届けるために、届ける方法のひとつとして語彙を学んでいってください。
言語は、日本語ももちろんですが本当に美しいものです。

美しさを感じながら学び、身に付けていきたいものですね。

そして、愛のエネルギーを届けるために思考領域の言葉だけでなく、あらゆる方法を駆使して、特に感性、思感、潜在領域の脳も存分に活用して、あなたの素晴らしい愛を届けていってください。

思いを表現できる言葉が見つからない時こそ、思考を超えた思感、感性の領域が見えてきます。
どうにかその思いを届ける方法を感じてください。

思考を超えた領域を感じることが、思感に通じる回路を繋げるひとつの方法にもなります。

もちろん、届ける愛自体をどこまでも研磨して、伝えたい心を美しく磨くことは何よりも大切なことですね。

言葉は美しく大切なものですが、それが全てではないこと。
ここが自然界の醍醐味であり、能力開発の深い可能性ですね。

(浜本哲治)

親友・石川啄木(右)と Wikipediaより
親友・石川啄木(右)と Wikipediaより

LINEで送る