フランツ・ヨーゼフ・ハイドンの名言 Franz Joseph Haydn

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン(Franz Joseph Haydn)Wikipediaより

天才は、われらの才能が一層強度に洗練されたものに外ならない。

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン Franz Joseph Haydn

オーストリアの作曲家 交響曲の父 1732〜1809


才能の磨き込みは、どこまでも洗練させる方向に研ぎ澄ましていくことです。

それぞれに与えられた天賦の才が、その名の通り天才的な能力を発揮するためには、発揮できる磨き方をすることです。

何もせずに、また磨き方を間違えて、能力がそれも常識を超えた能力が発揮されることはありません。

誰にでも天才的な能力を発揮できる、才能、能力は天賦の才として与えられています。

それをいかに引き出せるか、特別な能力の発揮はこれに尽きます。

どんなに天才的な能力の断片が発露していても、そこからの磨き込み次第では、その能力がさらに輝きもしますし埋もれてしまうことにもなります。

天才的な能力を発揮している人を羨んでも、それと比較して落胆してもあまり意味のないことです。

それよりも、自分の中に必ずある天才的な能力を発揮できる能力を見つけること、そして自然に沿った方法で、そういう能力を発揮できる磨き込みをしていくことです。

また天才的な能力が発揮される時は、何かを手放した時に多く起こります。

例えば一部の機能が失われたり、エネルギーを注いでいたものに注げなくなって、そのエネルギーを一点に振り向けた時などですね。

根本的にはできるだけピンポイントに絞り込んで、そこにどれだけ集中的にエネルギーを注げるかで、能力が発現するかどうかが決まりますが。

物理的にまた環境的に否応なしにそうならなくても、あえてエネルギーを一点に集めることは、全てが正常に機能していたり順調に進んでいてもできることです。

通常はやろうと思えば何でもできますが、現代社会は特にエネルギーを分散されてしまうことが本当に多くありますので、天才的な能力を発揮しづらい社会環境になっているでしょう。

そんな中で、どれだけあえて自らそういう状態、環境を創っていけるかが大切なポイントですね。

能力は漫然とエネルギーを注いでも、天才的な能力が引き出されることはありません。

虫眼鏡で太陽のエネルギーを燃え上がりやすいところに集めて火を起こすように、あなたのどの才能のどの部分にどれだけ焦点を絞ってエネルギーを照射できるかです。

ぜひ、あなたの天才的な能力を発揮できる才能に全てのエネルギーを注いで、あなたの想像を超える能力が引き出される感覚をどんどん感じていってください。

磨き方、エネルギーの注ぎ方次第で、どこまでも想像を超え続ける能力を引き出せていけますよ。

(浜本哲治)

フランツ・ヨーゼフ・ハイドンの署名 Wikipediaより
フランツ・ヨーゼフ・ハイドンの署名 Wikipediaより

LINEで送る