エリク・ホーンブルガー・エリクソンの名言 Erik Homburger Erikson

エリク・ホーンブルガー・エリクソン(Erik Homburger Erikson)Wikipediaより

われわれは、長く生きるほどに、
何とわずかなことしか知らないのか、と教えられる。
成長して年を重ねるということは
面白い冒険であり、驚きにみちている。

エリク・ホーンブルガー・エリクソン Erik Homburger Erikson

米国の発達心理学者 精神分析家「アイデンティティ」の概念を提唱 1902〜1994


常に変化、進化し続ける自然界では、
時の流れの中では、可能性が無限に存在します。

その無限を、先人の探求の土台があっても、
わずか数十年の人生で、
知り得ることはたかが知れていますし、
自然界の本質、摂理、真理を知るほどに、
無限に存在する可能性を痛感することになるでしょう。

多くを学ぶほどに、
さらに大きく広がる世界、領域を知ることになりますから、
成長、進化するほどに、面白く、エキサイティングになっていくのが
自然界ですね。

人間の機能面で考えれば、
10代をピークに、どんどん機能は低下していきますから、
単に目に見えることだけや、物質、機能として捉えていくと、
たぶん、人間も自然界も、
先に進むほどに、先細りの世界になっていくでしょうし、
そう感じてしまうでしょう。

しかし、人間が知り得ている、解明できている自然界は、
ごく僅かな部分でしかありませんし、
ましてや、個人の思考領域での知識では、
砂浜の一粒の砂ほどにしか、
知り得ていないと言えるでしょう。

人間が、人間自身のこと、
個人が、自分自身のことでさえ、
知らないことばかりですね。

目には見えない、人間に検知できていない、
マクロ、ミクロの世界は確実に存在します。

そして、自然界の面白さ、醍醐味を、
存分に味わっていくには、
知り得ているごく僅かな部分、領域だけでなく、
その見えない、検知できていないが、
目の前に存在している世界、領域を、
感じながら、今にチャレンジしていくことです。

あらゆる部分で、可能性は無限に存在しますが、
人間の能力に関しても、
通常、加齢が能力の低下と捉えられていることも、
脳の使い方次第では、
無限に成長、進化できるものになっていきます。

無限に可能性が広がる自然界で、
人間の成長、進化を妨げているものは、
「思考」です。

常識などの、思い込みなどが、
そうなっていた例は、枚挙に暇がありませんが、
記録などでも、人間には絶対できないと言われていたことでさえ、
一人がそれを突破できれば、
どんどんそれを超えてきたことでも、
人間の思考、思い込みの力が、
いかに人間自身を強力に縛りつけていかがわかりますね。

漠然と自然界の無限を感じても、
あまり成長、進化には結びついていきませんから、
その無限は、一点を深く深く掘り下げて、
掘り下げるほどに、広がる世界、領域を、
体感していくことです。

体感してこそ、囚われている思考も、
解き放つことができるようになります。

どうぞ、あなたの素晴らしい才能、能力は、
思考、思い込み、決めつけなどの、
あなた自身の思いで、縛りつけないようにしてください。

あなた自身の思考から解き放ってあげるほどに、
あなたの能力の無限が見えてきます。

どこまで、深く、遠くまで無限の荒野を探求できるか。
短い人生の時間を、思いっきり愉しんでください。

(浜本哲治)

LINEで送る