松本 清張の名言 まつもと せいちょう

松本 清張【まつもと せいちょう】Wikipediaより

人間には、先入観が気づかぬうちに働きまして、
そんなことはわかりきったことだと
素通りすることがあります。
これが怖いのです。

松本 清張 まつもと せいちょう Seicho Matsumoto

小説家 1909〜1992


これも、あらゆる分野で言えることでしょう。

アスリートの場合も、ここを素通りするようになると、
多くの場合、成長、進化はストップしていきます。

特に、それぞれの分野の基本と言われることや、
自然界の本質を素通りするようになると、
行き詰まる可能性は非常に高くなってきますね。

本来、才能、能力は、本質に向けて追求していくことで、
どこまでも果てしなく高みに到達できるものです。

枝葉末節、表面的な技術などに走っても、
早晩行き詰まってしまうことになりますね。

昨今は、アスリートの世界でも、情報が溢れている時代ですから、
表面的な技術を習得しようとしたり、
その追求で、独自性を出そうとする傾向にありますが、
これではなかなか、ハイレベルなパフォーマンスは生まれてきません。

どこまでも、シンプルな本質、
自然界の基礎に向けて深く追求していく過程で、
骨格などの持ち味が活きて、独自なものが現れてきます。
この独自性ほど、ハイレベルな技術、パフォーマンスはありません。

さらに言えば、形式張った、人間界の、
それぞれの分野の基本や、基礎ではありません。

自然界の基礎、本質に向けたものが、本来の王道とも言えるでしょうし、
行き詰まることもなく、どこまでもワクワクと追求できる道でもあります。

松本さんの、こんな言葉もありました。

それは努力が好きだったからだ。


空白の部分を考える。それが私の喜び。


作家になるには、
24時間、机の前に座っていられる
性格であればいい。


努力を、通常イメージされるような努力と感じていては、
なかなか能力のめざましい成長、進化はありません。

努力を努力と感じることなく、
好きなこと、愉しんでいることと感じられることでないと、
自分にしか到達できない、独自の領域まではなかなか辿り着けないでしょう。

全てを歓びと感じられるようなものや、分野は誰にでもあるものでしょう。

それに、自然界で目指すべき本来の夢を明確に設定できれば、
24時間机の前に座っているようなことも、
何もないところに、何かを生み出していくことも、
何の苦もなくできることになりますね。

せっかくの一度きりの人生ですから、
あなたの最高が引き出されることに、ぜひ取り組んでください。
そういう分野、才能であれば、まさに始めるのに遅すぎることもありません。

(浜本哲治)


黒革の手帖(上)


松本清張記念館 Wikipediaより
松本清張記念館 Wikipediaより