林 羅山の名言 はやし らざん

林 羅山【はやし らざん】Wikipediaより

自分を押し通そうとするその心から、
災いは生まれてくる。

林 羅山 はやし らざん Razan Hayashi

江戸時代初期の朱子学派儒学者 1583〜1657


自分の考えなどを無理に押し通そうとすることは、
無理のひとつと言えるでしょう。

もちろん、自分を持つことはとても大切なことです。

ただ、自然界では、手段や通る道には、
無限の選択肢があります。

それは、とても思考だけでは、
また、限られた時間の知識や体験だけでは、
把握しきれないものです。

もし、自分が考えたことで、
大切な相棒やパートナーの中で、
違和感や摩擦、軋轢を感じることがあったとしたら、
これは、新たな道を発見する、自分をレベルアップする、
最適なチャンスだと捉えてみてください。

方法、手段、選択肢も、
夢や才能の追求に果てがないのと同じで、
常にもっと最適なものが必ずあります。

どこまでも進化を実現していくには、
こういうチャンスをしっかり捉えて、
自らの成長、進化に繋げていきたいですね。

ひとりの人間の視野や視点、
また、見えているものは限られています。

たとえそれが多くの人数集まったとしても、
全ての面を捉えることも、
見えないものを、すべて感じ取ることもできません。

新たな道は、いくらでもありますが、
固定観念、固執に囚われてしまうのが人間ですから、
自然は、あらゆるところに変化、進化の、
きっかけを用意してくれています。

同じ人でも、日々、毎瞬変化、進化していますから、
いくら過去に上手くいったことでも、
同じことをやっていたのでは、
やがて、行き詰まってしまうことは、
自然界の自然な姿です。

無理に、いかに通そうとするかを考えるよりは、
一緒に、新たな道を発見、創造していくチャレンジをした方が、
夢への進捗も早くなり、進化の実現もしていくでしょう。

無理とチャレンジの違いは、
ここでも出てきますね。

ぜひ、遭遇する現象の真意を感じ取ってください。
無駄に起こる現象はありません。
すべてに意味があります。

あなたの素晴らしい才能は、
本来発揮すべき方向に向けられてこそ、
本領を発揮できるものですね。

(浜本哲治)


林羅山―書を読みて未だ倦まず (ミネルヴァ日本評伝選)


『吾妻鏡』古活字本寛永版・林道春(羅山)の跋文 Wikipediaより
『吾妻鏡』古活字本寛永版・林道春(羅山)の跋文 Wikipediaより