二代目 伊藤 忠兵衛の名言 Chube Ito 2nd

二代目 伊藤 忠兵衛(Chube Ito 2nd)Wikipediaより

私は、ただ真一文字にすすむ勇気だけは絶やさなかった。
あらゆるものを執着せずに手放した。
そこから道が拓けたのである。

二代目 伊藤 忠兵衛 Chube Ito 2nd

伊藤忠商事 丸紅の実質的創業者 1886〜1973


人生は、どれだけ執着を手放せるかでしょう。
手放すほどに、人生が充実していくと言ってもいいでしょう。

潜在能力を引き出していくにも、いかに思考を手放せるかが、最も大切なポイントになりますが。
それと同じようなものと感じてもいいですね。

事を成就していくことは、どちらかといえば何かを得ていくことと捉えられがちですが、むしろ何かを得ることより、手放すことの方が大切だと言うことに気づくことですね。

得ることよりも、手放すこと。
得ることより、届けることが大切なことが、結果として与えられるものが大きくなることは、自然界の自然の理です。

これは夢に向かっていく推進力、持続力、継続力にも大きな影響を与えることは間違いありません。

勇気を生み出す源にもなっていくでしょう。

植物たちの感動的な美しさ、しなやかさも、何ものにも囚われず、一心に夢に向かうチャレンジから生み出されていることは、その生き様を見ていても明らかなことです。

もし何かに行き詰まっているとしたら、得ようとすることを考える以上に、手放せるものがないかを考え、感じてみてください。

それがきっと、さらに高いレベルへの道を拓いてくれますよ!

何ものにも囚われない、こだわらないエネルギーが果てしない可能性のあるエネルギーだということを、ぜひ実感していってください。

(浜本哲治)


初代伊藤忠兵衛を追慕する―在りし日の父、丸紅、そして主人


伊藤忠兵衛記念館 Wikipediaより
伊藤忠兵衛記念館 Wikipediaより

LINEで送る