上村 愛子の名言 うえむら あいこ

上村 愛子【うえむら あいこ】Wikipediaより

誰かと戦ったというより、
自分自身での中での戦いに勝った気がします。

上村 愛子 うえむら あいこ Aiko Uemura

元モーグル選手 1979〜


たとえ、誰かと競うアスリートの競技であっても、
どこまで自分と向き合えるかが、
勝敗の分岐点になります。

いずれにしても、自分の能力の、
より多くの能力を引き出していくことが、
勝負にも大きな影響を与えることは、間違いありませんね。

その時に、最高の能力のを引き出す、最大のコツが、
リラックスすること、思考を手放すことですが。

相手を見ていたのでは、
このどちらも、実践していくことは、
非常に難しくなってきます。

自分にコントロールできない動きをする相手を見ていて、
リラックスしよう、思考を手放そうとしても、
心身は硬直するばかりですし、
思考はフル回転するばかりでしょう。

いかに、自分の最高到達地点に立つか、
いかに、昨日の自分を超え続けられるか、
ひたすら、それを目指し、チャレンジしていくことですね。

これが、もっとも確実に速く、
最高を引き出し、最高に到達できる方法です。

また、これは、無理をせずに、チャレンジで、
最高を引き出し、到達できる方法でもあります。

他の誰かと比べてしまうと、
必ず無理をすることになってしまいます。

そもそも、例えば同じようなレベルに到達するのに、
無限の可能性と、道がある自然界では、
同じようなやり方や、同じ時間、タイミングで、
そのレベルに到達しようとすることが、無理のあることです。

他の誰かと、同じ方法論で、
より高いレベルに到達することの方が、
難しいことだと考え、感じてください。

ぜひ、あなたの素晴らしい才能、能力には、
ひたすら自分自身と向き合って、
自分を超え続けるチャレンジを与えてあげてください。

きっと、そのフォーカスに、
あなたの能力は応えてくれますよ!

上村さんの、こんな言葉もありました。

今できる滑りを精いっぱいやるだけ!


目標を一つでも下げてしまったら
上がる事は絶対に無いと思います。


人はどちらかを決めなければいけない事は沢山ある。
どんなにこわくてもどんなに心配でも一歩前進することが大事。


難題のない人生は『無難な人生』
難題のある人生は『有り難い人生』


(浜本哲治)


やさしく、強く、そして正直に - 弱い心との向き合い方 (じっぴコンパクト新書)