梅崎 春生の名言 Haruo Umezaki

梅崎 春生(Haruo Umezaki)Wikipediaより

メモはメモだけに終わって、メモ自身からは何も生まれっこないんだぜ。

梅崎 春生 Haruo Umezaki

小説家 1915〜1965


メモすることは、とても大きな価値があります。

何よりも大きな価値は、領域の小さい、すぐにオーバーフローしてしまう思考領域に、余計なものを残さす快適に機能させることでしょう。

人間の思考領域は、覚えていなければいけない。
というストレスに非常に弱く、不自然なストレスを溜め込む要因になります。

また、思考の中で考えていて、堂々巡りしてしまうことなどは、書き出すことだけで問題が解決することもあります。

客観視することで、解決の糸口が見つかることもありますね。

このようにメモすることには、特に思考を快適に働かせるには大きなメリットがあり、これからも大切なことに変わりはありません。

ただ、脳を創造的に使っていくことに関しては、また、潜在領域を存分に活用していくには、メモするだけではなく、それを存分に活用したり、あえてメモをしないということも身につけていくことが必要になるでしょう。

閃きなどは、通常思考領域の記憶に残りません。
そのため、メモをすることが大切なのですが。

意外と閃きを、後で思考で考えてみると、理解できないことや、閃きと言えるようなことには思えないようなことが多くあります。

これは、思考がまだ追いついていなかったり、思考では認識できていないことが隠されていることが多いのですが、それを活かせずに、メモがメモのままになっていることが多くなっています。

これは、とてももったいないことです。
閃きのメモは、メモを起点に、さらに閃きを引き出していくことに存分に活用していくことが大切ですね。

メモを活用することは、思考を助けるためのメモでも同じことですね。

使われてこそ、真の意味と価値を持ってくるものでしょう。

さらに言えば、思考領域の記憶より、さらに知識や情報が様々に融合される、潜在領域の記憶を活性化して活用していくためには、あえて閃きなどをメモせずに、意図的に何度でも引き出していけるようにしていくことも、創造力を高めていくには大切なことになるでしょう。

人間の脳の活用方法には、まだまだ未知の無限の可能性が秘められています。

限界を考えずに、どこまでも理想や究極を目指して脳の活用方法も模索してください。

あなたの素晴らしい脳が、きっとあなたの期待に見事に応えてくれますよ!

(浜本哲治)


桜島・日の果て・幻化 (講談社文芸文庫)


LINEで送る