山川 健次郎の名言 やまかわ けんじろう

山川 健次郎【やまかわ けんじろう】Wikipediaより

己が専門の蘊奥(うんのう)を極め、
合せて他の凡てのことに対して
一応の知識を有して居らんで、
即ち修養が広くなければ
完全な士と云う可からず。

山川 健次郎 やまかわ けんじろう Kenjiro Yamakawa

教育者 日本初の理学博士 1854〜1931


蘊奥(うんのう)は、
「学問・技芸などの最も奥深いところ。奥義。極意。」
という意味ですね。

人間界では、ひとつのことに偏った学び方をすることを指す、
専門バカという言葉がありますが。

このことから、広く浅く様々なことを、
学んでいくことに、時間を費やすことが多くなり、
一点を掘り下げる時間、エネルギーが少なくなっています。

これでは、非常に学びの効率が良くないでしょう。

本来の学びを、深く追求していくと、
広く様々なことを知り得ることになりますから、
そう呼ばれる状態は、
中途半端なところまでしか学んでいないか、
自然界で本来目指すべき方向から、
ズレている方向への追求になっているかのどちらかでしょう。

ぜひ、本来の学びを吸収して、
どこまでも一点を深く掘り下げることで、
広く知識や情報、体験を広げていってください。

深く掘り下げながら学ぶ広い知識は、
同時に深さをともなったものになっていきます。

あなたの素晴らしい才能には、
ぜひ、効果的な、本来の学び方を授けてあげてください。
同じことを、同じように学んでいっても、
雲泥の差が、そこには生まれてきます。

山川さんの、こんな言葉もありました。

日本の学生はハウ、
どのようにということには
深く注意するが、
ホワイ、なぜなのかという言葉を発さない。


これは、学生に限ったことではないでしょう。
そういう学生たちを生み出した社会は、
大人たちの背中を見て育った結果ですね。

なぜ?どうして?
の子ども心のような好奇心は、
いつになっても、追求の基本です。

無限の可能性のある自然界で、
果てのない夢や才能の追求の中で、
この心だけは忘れたくないですね。

(浜本哲治)


山川健次郎伝―白虎隊士から帝大総長へ