大谷 竹次郎の名言 おおたに たけじろう

大谷 竹次郎【おおたに たけじろう】Wikipediaより

同じ事業をやるなら、
人間は自分が好きな事業に手を出すべきだ。

大谷 竹次郎 おおたに たけじろう Takejiro Otani

松竹創業者 1877〜1969


大谷さんの、こんな言葉もありました。

私の事業的信念は、
それが世に価値のあるものなら
数時的に自信がなくても、
正しく行えば成し遂げられるということである。
人間、情熱をもって当たれば、
成し遂げられないことはない。
私の場合、終始、全精力が全身にあふれていた。


単に好きなことだから、
上手くいくというわけではありませんが、
諦めることなく、常に情熱に溢れているためには、
好きであること、愛していることは、
必須の要件になりますね。

好きなこと、愛していることをやるか、
やることを好きになり、愛することです。

そして、全ては自然界で起こることですから、
自然界の基本ルールに沿って、
正しく行っていくことですね。

自然界の自然、基本ルールに沿っていれば、
まさに、この言葉にもあるように、
諦めることなく、情熱があれば、
事は成し遂げられ、夢は必ず実現していきます。

好きになること、愛することに理屈はありません。
むしろ、考えて好きになったり、愛しているようでは、
真に好き、愛しているということにはなりませんね。

好きになれないこと、愛せないことは、
手を出さない方がいいかもしれません。

チャレンジしてみて、
好きになることももちろんあるでしょうが、
心に聴いてみるのがいちばんですね。

人間の潜在脳は、しっかりとキャッチしていますし、
心を騙すことはできませんから、
その心に沿っていくことです。

人と会った瞬間に、
その人の多くの情報をキャッチしている脳ですから、
人に限らず、あらゆる遭遇する出来事から、
的確に本質は掴んでいます。

その心に沿っていくことが、
命の時間の浪費を少なくして、
夢に一刻も早くたどり着いていく秘訣です。

これがどうも、思考で考えて、
どうするかを決めすぎて、
無駄に遠回りをしているケースは多いものです。

燃えるような情熱なしには、
どんな事も成就していきません。

情熱の源泉である、好きであること、愛していることを、
ぜひ、大切にして、あなたの才能を生かしてください。

(浜本哲治)

私の履歴書〈第2集〉浅沼稲次郎、石坂泰三、出光佐三、伊藤忠兵衛、大谷竹次郎、久保田万太郎、高崎達之助、遠山元一、正宗白鳥、松村謙三 (1957年)

私の履歴書〈第2集〉浅沼稲次郎、石坂泰三、出光佐三、伊藤忠兵衛、大谷竹次郎、久保田万太郎、高崎達之助、遠山元一、正宗白鳥、松村謙三 (1957年)


竹次郎と松次郎(1932年)Wikipediaより
竹次郎と松次郎 1932年 Wikipediaより