岡田 武史の名言 Takeshi Okada

岡田 武史(Takeshi Okada)Amazonより

自分で課題をつくり、その山を越えていく。
成功することも、失敗することもある。
取り組むものはスポーツでなくて別のものでもいい。
確固たる目的や課題を持ち、そこに向かっていくとき、人は輝きを放つのです。

岡田 武史 Takeshi Okada

元サッカー選手 サッカー指導者 1956〜


幸せを感じることも、目指す場所を決めてチャレンジしていく過程の中にあります。

決して、どこかに辿り着けば感じられるものではありません。

目指し、チャレンジしている今にしかありません。

幸福感を感じている時に、間違いなく人間を含め自然界の存在は最高に輝いています。

そして最高に幸せを感じ輝くためには、自らで目指す場所を決める必要があります。

もし誰かに与えられるものがあるとすれば、それを超える自らの課題を決めていくことです。

人間が最高に成長、進化できるのは、常に昨日の自分を超えていくチャレンジをし続けた時です。

無理ではなくチャレンジができるのも、自分を超えるターゲットに向かう時ですね。

今が最高と心底感じられる人生にしていくことです。
これは今すぐにでもできることです。

明確な到達点にたどり着くことを決断して、そこに向けてチャレンジをすること、し続けることで間違いなく感じることができます。

常に今が最高!と言える人生にしていってくださいね!

岡田武史さんの、こんな言葉もありました。

できることは足元にある。


お互いを認め合うことがコミュニケーション。


やれる限りの事をやった上で、勝負はやっぱり神様が決める。


自分達の理想的なサッカーのイメージをもつことは大切だが、チームづくりにおける理想のサッカーとは、今いるメンバーの力をうまく組合せ最大限のパフォーマンスを引き出すことであると言えるかもしれない。


審判も、人間であるかぎり、間違いはあります。
それも含めて、我々は、勝たなければ駄目なのです。


これまでに紹介した、岡田武史さんの言葉です。

(浜本哲治)

本大会出場を決めて歓喜する日本代表チーム(中央のスーツ姿が岡田)Wikipediaより
本大会出場を決めて歓喜する日本代表チーム(中央のスーツ姿が岡田)Wikipediaより

LINEで送る