小平 浪平の名言 おだいら なみへい

小平 浪平【おだいら なみへい】Wikipediaより

日本の工業を発展させるためには、
それに用いる機械も外国から輸入するのではなく、
自主技術、国産技術によって
製作するようにしなくてはならない。
それこそが日本が発展していく道だ。

小平 浪平 おだいら なみへい Namihei Odaira

技術者 実業家 日立製作所の創業者 1874〜1951


自然界の特性、レバレッジを最大限に引き出し、活用するには、
常に未知の領域を開拓していく必要があります。

無限の可能性のある自然界で、
既存のもの、開拓済みのものだけに頼っていることほど、
また、模倣だけに終始していることほど、
退屈でもあり、不自然なストレスを感じることはないでしょう。

同じ地点に留まっていると、
必ず、マンネリ化したり、閉塞感を感じる状況に、
陥ったりしてしまうことになります。

様々な分野の、また国単位で見てもそうですが、
これまでの歴史を紐解いてみても、
これは、明らかなことですね。

ある地点まで到達すると、
視野も狭くなってきているので、
その先の領域が、見えなくなってしまうこともあります。

ただ、自然界のメカニズム、原理をしっかりと把握していれば、
無限に続く道が、どんな状況下でも、
必ずあることが認識できているはずですから、
その意識さえあれば、さらなる先に続く道は見えてきます。

新たな創造、発見、未知の開拓が、
常にできているところにこそ、
成長もあり、進化もあります。

これも、植物たちの生きざまを見て、感じていると、
大いに学べる部分ですが、
植物たちは、さすがに自然界の本質を心得ていて、
決して、立ち止まることはありません。

単に成長するという、
大きくなるだけでもありません。

同時に、洗練させていくことも、
自然界の源流、本質に少しでも近づいていく道として、
どこまでも追求していきます。

その先に、さらなる進化があるのでしょうね。

ぜひ、あなたの追求している分野、愛、夢を、
どこまでも深く追求、探求していってください。

その先には、必ずあなたにしか探索できない領域があります。

これを感じ、見えてくることほど、
心躍り、やりがいを感じることはないでしょう。

創造、進取の精神は、常に忘るべからずですね。

小平さんの、こんな言葉もありました。

財閥系ではなく、これといった資本の背景もない。
となれば、そのハンディを補うのは、
なんとしても国産技術を確立するのだという初心、
これこそが日立精神であり、
それなくして日立はありえない。


(浜本哲治)

技術王国日立をつくった男―創業者・小平浪平伝

技術王国日立をつくった男―創業者・小平浪平伝