河井 寛次郎の名言 Kanjiro Kawai

河井 寛次郎(Kanjiro Kawai)Wikipediaより

私は習慣から身をねじる、未だ見ぬ私が見たいから。

河井 寛次郎 Kanjiro Kawai

日本の陶芸家 1890〜1966


アクションを習慣にしてしまうことは、それが自然に沿っていたり、チャレンジのアクションを起こすまでのところには、とても有効なもので大切なものでしょう。

ただ習慣も進化していかなければ、進化させようとしなければ成長、進歩、進化がありません。

もちろん、未知の自分に出逢える可能性も高まっていきませんね。

あらゆるアクションと同様に、習慣も囚われになるのではなく、常に進化し続けるものにしていってください。

そしてぜひ、一度しかない人生ですから、どこまであなたが進化できるのか、どんなあなたに出逢えるのかを愉しみにチャレンジしてください。

まずはアップデートが必要な習慣を、夢の実現に必要な更新をして、そこからさらに進化した習慣にして、最終的には習慣を超えた、常に変化し続けるアクションを手に入れてください。

習慣を超えていくところに、未知の領域への道が、未知のあなたとの遭遇があります。

あなた自身の中に、未だ見ぬあなたを見つけられることほど、人生の醍醐味を味わえる瞬間はありません。

そうすることで、自然界の無限を体感していくことにもなりますね。

あなたの中には、無限の可能性を持ったあなたが必ず眠っています。

河井寛次郎さんの、こんな言葉もありました。

この世は自分を探しに来たところ、この世は自分を見に来たところ。


鳥が選んだ枝、枝が待っていた鳥。


一人光る みな光る 何も彼も光る


(浜本哲治)

河井寬次郎記念館 Wikipediaより
河井寬次郎記念館 Wikipediaより

LINEで送る