苅谷 道郎の名言 Michio Kariya

苅谷 道郎(Michio Kariya)

原理原則に則して徹底して考え抜き、自分の意見をきちんと主張する。

苅谷 道郎 Michio Kariya

ニコン元社長 1942〜


考える時に大切なことは、原理原則に沿って考えることですね。

特に自然界の原理を知り、それに沿って考えていくことが、まず何よりも大切なことになります。

ここがズレていると、なかなか上手く進んでいく考え、アイデアは出て来ないでしょう。

また、苅谷さんのこんな言葉もありました。

考える時間を強制的にでもとらないと、マンネリ化し、やがて競争から置いていかれるだろう。


私が仕事の中で最も大事にしているのは『考える時間』だ。
それは一週間のスケジュールを見ればわかる。
定例会議の類はすべて月曜日と金曜日に集中させ、水曜日は強制的に何も予定は入れない。
とことん考えることに集中するためだ。


考えることはとても大切なことですが、単に思考で考えるだけでは堂々巡りをするのが落ちで、その時間が生かされてきません。

思考で考えることから進んで、思感で感じること考えることに、あえて時間を取っていくことですね。

通常の思考で考える時間もあえて取っていかないと、現代の忙しい社会の中では、深く考える時間を取ることが難しくなる可能性は非常に高いです。

閃きなどを得る時間も同じですね。

まずは人間界の基本や常識などではなく、自然界の原理原則をしっかりと学んでください。

そしてその原理原則に沿って考えること、追求していくことを、習慣として実践してください。

そうすると、自信を持って主張できるアクション、アイデアを引き出すことができます。

もうひとつ、苅谷さんの言葉です。

私は過去に3回左遷され、一度は窓の外まで飛ばされました。
自分で考えて正しいと思ったことを率直に言って、上司と衝突したのが原因でした。
ただ、その結果としていまの自分があります。


(浜本哲治)


逆境こそチャンスなり! 心を強くする名指導者の言葉


LINEで送る