川原 俊夫の名言 かわはら としお

川原 俊夫【かわはら としお】

運がいい人は、人のために生きている人だ。
人のために生きている人と付き合い、
運もついてきた。

川原 俊夫 かわはら としお Toshio Kawahara

ふくやの創業者 博多式の辛子明太子を開発し、広めた 1913〜1980


人のために生きるということは、
自然に沿って生きることです。

これは間違いなく、幸運を引き寄せることになりますね。

自然界で目指すべき夢も、
誰かの幸せを実現していくことですから、
そういうチャレンジをしていれば、
どんどん夢の実現に繋がる現象に遭遇して、
実現に近づいていくことになります。

自然界は、エネルギーの共鳴で全ての現象が起こり、
エネルギーの影響を大きく受けますから、
例えば、技術的なことを習得するにも、
一流の人のそばで、そのエネルギーに触れることが、
最も確実に上達する方法であるのと同様に。

幸運を招き寄せるにも、
幸運のエネルギーに満ち溢れた人のエネルギーに、
できるだけたくさん触れることです。

自然の植物たちのエネルギーに触れることが、
幸運のエネルギーの蓄積になることも、
自然に沿った、大切な誰かのために、
生きているからですね。

幸運のエネルギーは
過去の実績などはあまり参考になりません。
今の生き方によるものですからね。

ぜひ、幸運のエネルギーの強い人に触れ、
一人でも多くの人に、あなたの幸運のエネルギーを届けてください。

川原さんの、こんな言葉もありました。

受けた恩は石に刻め、施した恩は水に流せ。


明太子は普段のおかずだから
高く売ってはいけない。


(浜本哲治)


明太子をつくった男―ふくや創業者・川原俊夫の人生と経営