ジェーン・オースティンの名言 Jane Austen

ジェーン・オースティン(Jane Austen)Wikipediaより

過去の記憶がお前に喜びを与えるときのみ、
過去について考えよ。

ジェーン・オースティン Jane Austen

イギリスの小説家 1775〜1817


過去について考えるのはもう、これだけで充分でしょう。

今、何よりも大切なことは、
自分自身のモチベーション、やる気のエネルギーが、
充満していることです。

どんなに優れた方法があったとしても、
そのアクションを起こすエネルギーがなければ、
やる続けられるエネルギーがなければ、
何の意味もないことです。

このモチベーションを、
けっこう多くの場合、
自分自身で、過去や今起こった現象に、
ネガティブに振り回されて、
下げてしまっています。

ただフォーカスするだけ、
意識、思考、気持ちを向けるだけで、
簡単にテンションも、モチベーションも、
下がってしまうものです。

こういうフォーカスは、
思考習慣になってしまっているケースも多いですね。

怒りのエネルギーが、表に現れやすいケースは、
ネガティブな感情に振り回され、
ひたすらそこにフォーカスしてしまっている状態です。

そこからは、夢の実現や、事の成就に繋がる、
アクション、チャレンジも生まれてきませんし、
そのエネルギーがさらに未来に起こす現象も、
容易に想像がついてしまいますね。

今しか、具体的なアクションを起こせる瞬間はありません。
これは、非常に重要なことです。

その今を、どんなエネルギーで過ごすか。
これが本当に重要なことになることに、
意外と気づいていない人が多く、
平気で、ネガティブな過去や今に、
フォーカスし続けています。

過去は、どうすることもできないのですから、
特に起こったその現象について考えても、
あまり意味はありません。

また、学びや反省は、
本来思考レベルでやるものではなく、
非常に優れたメカニズムを持っている人間の脳では、
現象に遭遇した瞬間に、それは終わっています。

遠い過去であっても、近い過去でも同じですね。
終わってしまったことは、脳に委ねて、
前に進むエネルギーを大切にしてください。

反省をしなければ、
同じことを繰り返してしまうという懸念は、
もっと、原因は別のところにあることに、
気づいていった方がいいでしょう。

過去について考えるのは、
未来の夢の実現に向かう、
エネルギーになることだけにしましょう。

こういう習慣を、丁寧に創っていけば、
言動がどんどん変わってきます。

言動が変われば、状況、環境も変化していきますね。

オースティンさんの、こんな言葉もありました。

あなたの心の庭に忍耐を植えよ。
その根は苦くとも、その実は甘い。


(浜本哲治)


分別と多感 (ちくま文庫)


オースティンが晩年8年間を過ごした家屋。現在博物館として使用されている Wikipediaより
オースティンが晩年8年間を過ごした家屋。現在博物館として使用されている Wikipediaより