黒岩 彰の名言 Akira Kuroiwa

黒岩 彰(Akira Kuroiwa)Wikipediaより

五輪には魔物がいるという。
でも魔物を作っているのは自分なのだ。
作らなくてもいい魔物を心の中に作ってしまう。

黒岩 彰 Akira Kuroiwa

1980年代に活躍したスピードスケート選手 1961〜


黒岩さんの、こんな言葉もありました。

大学3年の時に世界チャンピオンになって、これが世界一のトレーニングなんだ、これをやっていればオリンピックでメダルを獲れる、と守りに入った。
新たな挑戦はしなかったというのが、今思えば大失敗。
今まであれも必要だこれも必要だと1年1年上乗せしてきたものを、その年だけ停滞して全く同じトレーニングを翌年もやってしまった。
スポーツの世界で停滞、つまり成長がない時は後退なんですよね。


その時に持つ思いが、引き起こす現象に大きな影響を与えます。

思いが実現していくのが自然界です。
また無限の可能性があり、完成、完璧がないのが自然界です。

この自然界の原理は、常に意識していくことが大切です。

夢の実現も思いの実現であれば、心配事の実現などもそうですね。

環境などが、自分の状況を創っていると考えているケースは多いでしょうが、最終的にはすべて自分の思いが創っています。

安易に「ダメだ」「難しい」「無理」というような言葉を口にしてしまうと、その言葉や言葉のエネルギーの影響をもっとも受けているのは自分自身ですから、口にすればするほど思いがそうなっていきます。

心配事などに意識をフォーカスさせて、そのエネルギーを増幅させていくことなども、安易に言葉を口にしていくことと同じですね。

常に変化、進化を続けている自然界では、立ち止まることは後退を意味します。

現状維持なども、現状を維持しようとしてできることではなく。

常にさらに先を目指してチャレンジして、結果として現状維持ができるかどうかです。

自然界の人生、チャレンジは下りのエスカレーターを昇っているようなものです。

自然界の原理原則を学んでいけば、その時々の選択する方向が明確に見えてきますし、自然に沿って行けることになりますから、最高の成就を引き出せる可能性が高くなります。

もちろん結果は自分自身でコントロールできないことですから、すべてが望む結果になるとは限りません。

ただ最高を引き出せる可能性を、少しでも高めておくことは大切なことですね。
それが自然を知り、自然に沿っておくということですね。

あなたの素晴らしい才能は間違いなく、自然を学ぶことで、自然に沿っていくことで最高のパフォーマンスが引き出される可能性、最高の結果を成し遂げる可能性が高まってきます。

あらゆる場面、分岐点で自然を意識してください。感じてください。

(浜本哲治)

36秒77―失敗だらけの青春・カルガリーへの4年間

36秒77―失敗だらけの青春・カルガリーへの4年間


LINEで送る