桑原 武夫の名言 くわばら たけお

桑原 武夫【くわばら たけお】

人間は40代後半になったら、
自分の力を弟子なり後進なりに
分けてあげなければいけない。
人を育てるにはエネルギーが要る。
老齢になった後に名誉職のような形で
養成するのではだめだ。
力の充実している時期に
後進を養成しなければ人は育たない。

桑原 武夫 くわばら たけお Takeo Kuwabara

フランス文学・文化の研究者 1904〜1988


愛を時空を超えて届けていくには、
同じ方向を見据えられている、
パートナーと分かち合っていくことは、
とても大切なことになりますね。

もちろん、人の数だけ個性がありますから、
自分の個性の中で育まれるものとは、
違うものになっていくのは、当然のことですが。

大切なことは、本質を届けていくことです。

表面的な部分は、どんどん変化していきますが、
本質、本質の掘り下げ、追求は、
愛を永続させ、進化させ続けることができます。

この部分が届いていかないと、
愛が時空を超えることも難しくなるでしょう。

人類が進化していくためには、
未来の子どもたちに、同じところを探求させてはいけません。

今までに探求できたレベルの、
さらにその先に、進んで行けるようにしてこそ、
今を生きた人の役割を果たしたことになります。

どんなタイミングからでも、
あなたの才能、愛の本質を伝え、
ともに探求を進め、さらにその先に進む、
道筋を見極めていく人と、出逢った時から、
これは進めていくことですね。

早すぎることも、遅すぎることもありません。

大切なことは、ともに自然に沿うこと、
本質を見極めていくことですね。

ぜひ、あなたの素晴らしい愛、才能は、
時空を超えて、一人でも多くの人や存在に、
届くようにしていってください。

(浜本哲治)


一日一言――人類の知恵 (岩波新書)