後藤 正治の名言 ごとう まさはる

後藤 正治【ごとう まさはる】

10年かけた仕事は10年残り、
3日の仕事は3日で消える。

後藤 正治 ごとう まさはる Masaharu Goto

ノンフィクション作家 神戸夙川学院大学元学長 1946〜


深く掘り下げられていないものは、
それだけのことしか伝えられません。

もちろん、単に長く時間をかければいいと
言うものでもありませんね。

短い時間でも、深く掘り下げることは可能ですが、
それだけ、濃いエネルギーの放出が必要になります。

そして、一日、一生と、
時間の制約もありますから、
どうしても、今の人間界のエネルギーの使い方では、
時間が必要になってしまいますね。

あなたの愛、才能は、
どれだけ、自然界の本質に向けて、
掘り下げ、追求できるかです。

そして、その追求には、
終りがありませんから、
どこまでも追求を止めないことですね。

限られた時間の中でも、
生涯の時間を全て使ったとしても、
たったひとつのことでさえ、
極限に至れることはないでしょう。

追求したい才能、分野、そして愛は、
生涯をかけて追求していくことです。
そうしたいと感じられることを、
極めようとしていくことですね。

極地には至れなくても、
あなたが、これからの生涯をかけて、
追求していったものは、
あなたにしか到達できない、
多くの人に、深く届く愛や才能になっていくでしょう。

あなたにしかできない領域に至れた、
大切な人を幸せにできる才能、愛は、
それだけで、自然界で生かされることになります。

大切な人に、多くの人に、必要とされますからね。

(浜本哲治)


スカウト