小林 一夫の名言 こばやし かずお

小林 一夫【こばやし かずお】

技で磨く。心で磨く。

小林 一夫 こばやし かずお Kazuo Kobayashi

研磨職人 磨きの神様の異名を持つ 小林研業の創業者 1943〜


ミクロの世界に携わる達人たちは、
1000分の1の違いを、触っただけで、
見抜ける能力、技を培っています。

人間が創り出した、
機械などでは、見抜けないレベルの違いも、
感じることができる境地に到達しています。

そういう技、能力のレベルに到達していくには、
もちろん、技をどこまでも磨いていく必要があるでしょう。

ただ、技術的なことだけでは、
どうしても限界があります。

目には見えないものは、
心、脳内でイメージしていく必要があり、
そこをイメージし、感じていくには、
どこまでも心、脳を純粋、ピュアにしていくことが、
大切なことになります。

通常の感覚だけでは、
また、どこまでも精密な機械にも、
見抜けないものがわかってしまう能力を、
人間は持っています。

そういう自分にしかできない境地まで、
到達していくことは、
とても大切なことなのですが。

その誰にも真似できないものを、
そのままにしておくことは、
単なるオカルト、自己満足の世界になってしまいます。

自然界は自他も、全てのものが繋がっていて、
また、無限の奥深さがある世界ですから、
誰にも真似できない境地も、
そこに至れる本質を理解できれば、
それは、誰にでもできることになっていきます。

人間界の進化を考えていくのであれば、
自分の能力の境地を、
誰にでもできるものにして、
伝えていくことが重要なことになりますね。

その本質を、誰にでも伝えられるように掴んでいけば、
自分自身もさらに、奥深い領域に、
至ることができるようになります。

人間は、自己満足や、自利のためだけに生きようとして、
そう素晴らしい才能を、自分のものだけに
終わらせてしまっているケースがあまりにも多いですね。

誰かに奪われたら、会得されたら。
と心配になるということは、
自然界の本質を理解できていないということです。

むしろ、誰にもできないことを、
誰にでもできることにして、
どんどん伝えていくことで、
自分自身がもっと深いところに至れるということを、
実感、体得していくことですね。

どうぞ、あなたが追求している能力は、
あなたにしか到達できない境地まで追求してください。

そして、そこからさら先に進んでいくために、
その至れた境地に、誰にでも到達できるように、
伝えられるものにしていってください。

自然界の大切な原理を、あなたの才能に授けてあげてくださいね!

小林さんの、こんな言葉もありました。

できないっていう言葉は、最も嫌いな言葉。


ゆっくりでいい、でも諦めるな。


磨き屋のプロじゃないか。
断ったら意地が立たねえわい。


長い長い冬の季節、
雪国新潟はすっぽりと雪に覆われます。
ひっそりと我慢強く培われた職人達の技と経験は、
涙ぐましいまでも、地味でひたむきな
単純作業の連続からはぐくまれたものです。


(浜本哲治)