小林 カツ代の名言 こばやし かつよ

小林 カツ代【こばやし かつよ】

恋愛はリズムが大切だが、
一定のリズムを刻むのでは無く、
テンポの緩急が重要である。

小林 カツ代 こばやし かつよ Katsuyo Kobayashi

料理研究家 1937〜2014


これは恋愛に限らず、
すべてが、波状のエネルギーである自然界では、
あらゆることにあてはまることですね。

波状、スパイラル状のエネルギーの動きは、
もちろん一定の波ではありませんから、
同じテンポ、同じリズムを刻もうとすることは、
とても不自然なことになります。

その変化を絶妙に感じ取って、
リズムに乗っていくことが、
自然界のチャレンジの醍醐味ですね。

このリズムをつかむことが、不可能を可能にしたり、
奇跡を巻き起こす原動力になっていきます。

固定化することが、不自然なことがわかって、
チャレンジしていたとしても、
動きのある、リズムを一定にしようとすることには、
無頓着であったりするケースは多いものです。

常に変化、進化し続けている、
自然界の真骨頂がここにあります。

昨日とは違うリズム、
さっきとは違うテンポであることは、
いたって自然なことです。

それをどう察知し、順応、対応していけるかが、
才能、能力の真のクオリティになっていきますね。

手段や過程には、どこまでも囚われないことです。

釘づけにしていくのは、
夢を実現するという思いだけで充分でしょう。

もちろん、夢自体も常に進化させることが肝要です。
方法、手段は無限に存在しますから、
固定化しようとする発想自体を、手放すことですね。

それでこそ、今現在発揮できる能力も、
最大限引き出されてくるものです。

ぜひ、あらゆるものが常に変化していくことが、
自然だということを、体感、体得して、
チャレンジの発想を変えてください。

(浜本哲治)


【Amazon.co.jp限定】保存版 まだまだ見たい! 小林カツ代のベストおかず [DVD]