小林 孝三郎の名言 こばやし こうざぶろう

小林 孝三郎【こばやし こうざぶろう】

商売の道はそれぞれ違うけれども、
商売で成功する道に変わりはない。
やはり人並み以上の努力をしなければダメだ。
人並み以上の努力を続けているうちに、
機会、チャンスがくる、そして成功する。

小林 孝三郎 こばやし こうざぶろう Kozaburo Kobayashi

コーセーの創設者 1897〜1995


商売に限らず、あらゆることにおける、
非常にシンプルで、最重要の、
事の成就の真理ですね。

簡単に成功できる。
というような言葉に踊らされているケースを、
多く見かける昨今ですが。

何も積み重ねることなく、
ある日突然、降って湧いたように、
事が成就していくことは、
エネルギーの共鳴で、すべての現象が起こる、
自然界ではあり得ないことです。

ただ「努力」というと、
辛く、苦しいことのようなイメージがありますが。

やるべきことを、やり続けることを、
そのイメージの努力と捉えている限り、
事の成就は難しいものになるでしょう。

努力することは、当たり前のこと、
愉しいことと、捉えることができてはじめて、
夢の実現、事の成就は進んでいきます。

楽に成功する。
という類の言葉に踊らされているようでは、
成功はおぼつかないということですね。

ただ、より確実に、速く、
目的地にたどり着くためには、
原理原則、自然界の自然に、
沿っていくことが、何よりも大切なことです。

単に、手当たり次第に、
同じことを繰り返していくことが、
事の成就に近づいていくことではありません。

自然に沿った真理を知り、掴み、
誰よりも、夢に近づくチャレンジを、
愉しんで積み重ねていくこと。

決して、難しいことを、
やることではありません。

誰にでも、できることを、
どれだけ実際にやれるか。

そこに尽きます。

事の成就は、
誰にでもできることを、
やるか、やらないかだけです。

夢の実現、事の成就は、
ぜひ難しく考えることなく。

シンプルにやるべきことを、やり続けること。
を心がけてください。

小林さんの、こんな言葉もありました。

一気に伸びてきたというので、
「コーセーさんは創業の時期がよかった」
という人もいる。しかし違う。私は
「いや、発展のチャンスはつねにある。
いまもあるんですよ」
と申しあげている。
やり方によって、どんな時代でも発展できるのだ。
チャンスはあるのだ、ということです。


(浜本哲治)


大手化粧品メーカーの経営史的研究
化粧品ひとすじ―小林孝三郎伝 (1976年)


コーセー本社が入る日本橋フロントビル Wikipediaより
コーセー本社が入る日本橋フロントビル Wikipediaより