杉村 春子の名言 すぎむら はるこ

杉村 春子【すぎむら はるこ】Wikipediaより

ひとつ濾過して、底に残ったもの。
だから美しい。
どんなものでも美しくなるということは
それじゃなくっちゃ。

杉村 春子 すぎむら はるこ Haruko Sugimura

新劇女優 1906〜1997


様々な体験、刺激を受けて、
洗練されていくことは、
まさに、濾過されることと言っていいでしょう。

自然界の自然は、濾過されることで、
どんどん純度が高くなり、美しくなっていきます。

どうも人間は、体験を重ねるほどに、
色んなものを抱え込んでしまう傾向にありますが、
これでは、自然に逆行していると感じてみることですね。

そのためには、人間の脳のメカニズム、
自然の原理原則を、しっかりと体得していく必要があります。

経験や触れる情報が増えたことは、
思考領域の記憶などに、
多くを抱え込むことではなくて、
逆に、思考することを手放すきっかけにすること、
思考領域の記憶を手放すことなどの、
きっかけにしていくことですね。

思考の、小さな狭い領域に、
多くのものを抱えようとしなくても、
人間の脳は、すべてを記憶していますし、
それまでのすべての情報などと、様々に融合されて、
必要な情報や行動になって、現れてきます。

このことに気づいていくことは、
とても重要なことですね。

能力開発のために、
特別なことをする必要などありません。

ちょっとした、脳の使い方のコツを掴んで、
日常の中で、どんどん活用していくことで、
眠っていた脳の潜在領域は、覚醒してきます。

これは、多くの人が、
筋肉のインナーマッスルを覚醒させることなく、
その人生を終えていると言われているのと、
同じことが、脳でも起こっていると言えます。

通常は、アウターマッスルだけを使う人間ですが、
ちょっとした使い方を変えるだけで、
それまでの、経年で低下していく筋力を、
補って余りあるほどに、活性化していきます。

自然界での能力の真の進化も、真の美しさも、
洗練させていくことで、増していきます。

ぜひ、自然界の自然に沿うこと、
真に洗練させていくことが、
どういう方向であるかを、常に確認してください。

その方向を見据えられた時に、
ごく僅かしか使われていなかった、
あなたの能力が、ますます覚醒してくることになりますね。

杉村さんの、こんな言葉もありました。

『女の一生』」のせりふに
『人の一生というものは思いもかけない方向に
動いていくように見えて、
そこに案外自然な道があるものです』
というのがあるけれど、
わたし、それをときどき思い出すんですよ。


思い上がりでもなんでもなく、
ただ芝居をしていたいだけなんです。


(浜本哲治)


女の一生―杉村春子の生涯


『東京物語』(1953年)左から山村聡、三宅邦子、笠智衆、原節子、杉村、東山千栄子 Wikipediaより
『東京物語』(1953年)左から山村聡、三宅邦子、笠智衆、原節子、杉村、東山千栄子 Wikipediaより