中岡 慎太郎の名言 なかおか しんたろう

中岡 慎太郎【なかおか しんたろう】Wikipediaより

今、貴いと思えるものが
明日は賎しいかもしれない。
今、賎しいと思えるものが
明日は貴いのかもしれない。
君子となるのか、小人となるのかは、
君、自らの中にある。

中岡 慎太郎 なかおか しんたろう Shintaro Nakaoka

幕末の志士 陸援隊隊長 1838〜1867


10年前、100年前の常識が、
今の常識ではないことは、
とてもたくさんありますね。

それがたとえ国単位のことであっても、
そうなっていることは多いですね。

もっと言えば、人間界単位で、
常識だと考えられていたことが、
そうではなくなっていることもあるでしょう。

今の環境の中で、
特に心が感じるものを麻痺させてしまって、
没我してしまうことは、
とても危険なことだとも言えます。

中には、情報などをコントロールされて、
当たり前や常識の中に、
取り込まれてしまっていることもあるでしょう。

情報などが、簡単に手に入れられる
環境になってきたからこそ、
簡単にコントロールされてしまう、
状況になっているとも言えます。

人間界の、今や過去の環境に埋没してしまって、
本質が見えなくなってしまわないように、
常に、自然界の基本を尺度にしておくことを、
忘れないようにしてください。

そして、すぐに、
自然から外れてしまって、
進化からほど遠い状況に陥りがちな
人間界だということを認識して、
自然界の中で、淘汰されずに、
未来の子どもたちに、
素晴らしい自然とともに、
幸せを感じられる人間界を届けていくためには、
どうしていけばいいのかを感じ続けてください。

そこにこそ、
真のやりがいに通じていく、
道が見えてくるはずです。

中岡さんの、こんな言葉もありました。

学問を成し遂げる志を立てたのならば、
目先の貴賤で心を動かされてはいけない。


謙虚とは、堂々として、過信しないことだ。
それは、断じて、卑屈であることではない。


(浜本哲治)


陸援隊始末記―中岡慎太郎 (中公文庫)


中岡慎太郎生家(安芸郡北川村柏木)Wikipediaより
中岡慎太郎生家(安芸郡北川村柏木)Wikipediaより