18代目 中村 勘三郎の名言 じゅうはちだいめ なかむら かんざぶろう

18代目 中村 勘三郎【じゅうはちだいめ なかむら かんざぶろう】

50歳は歌舞伎の世界では若うございます。
端から勉強しなおし、
芸道に精進させていただきます。

18代目 中村 勘三郎 じゅうはちだいめ なかむら かんざぶろう 18th Kanzaburo Nakamura

歌舞伎役者 俳優 1955〜2012


無限の可能性のある自然界では、
どんな分野でも、常に新米のようなものでしょう。

これを悟ったかのように感じることは、
学ぶ気持ちが持てなくなっているか、
枠に囚われて、本質が見えなくなっている証ですね。

後に続く人たちに伝えていくにも、
過去の体験を伝えるだけでは、
なかなか真の道は、伝わっていかないでしょうし、
立ち止まってしまえば、
早晩、先を越されてしまうことになります。

常に未開の地を開拓し続けるからこそ、
道の真の魅力に気づかせてあげることができ、
後に続く存在も現れることになります。

また、手段だけを見ていると、
基本的な能力の低下で、
未知の開拓の限界を感じることになりますが。

本来の目的、夢を見据えることができていれば、
まさに、常に無限の可能性を、
感じ続けられることになります。

ぜひ、真の夢をしっかりと把握し、見据えて、
最期の瞬間まで、未知の領域へのチャレンジを、
続けていってください。

勘三郎さんの、こんな言葉もありました。

人生の成功とは、
死ぬときに悔いが残らないこと。


体験できないことでも
勉強して自分のものにすればいい。
僕は、知ったかぶりが
いちばん良くないと思っています。


守る 壊す つくる

(勘三郎のモットー)


以前紹介した、勘三郎さんの言葉です。

型をしっかり覚えた後に
「型破り」になれる。

https://goo.gl/jzQhWY


(浜本哲治)


十八代勘三郎


襲名披露興行中の歌舞伎座正面 Wikipediaより
襲名披露興行中の歌舞伎座正面 Wikipediaより