初代 根津 嘉一郎の名言 ねづ かいちろう

初代 根津 嘉一郎【ねづ かいちろう】Wikipediaより

不平不満は出世の行きづまり。

初代 根津 嘉一郎 ねづ かいちろう Kaichiro Nezu

政治家 実業家 東武鉄道創業者 1860〜1940


不平不満を感じることは、
間違いなく、可能性を見出せていない状態です。

可能性に溢れている自然界で、
これはもったいないことですね。

上手くいかない状況こそが、
それまで見えていなかった、
可能性を見つけるには、
大きなチャンスですし、
本来、愉しい状況ですから。

不平不満が出て来るより、
思わずほくそ笑む瞬間に、
なってもいいでしょう。

それは、思考習慣、癖にしていけることです。

壁に直面してこそ、
その壁を乗り越える愉しみ、
乗り越えた時の充実感に浸れます。

大切なことは、遭遇した状況に、
どういう心で対峙していくかです。

その心次第で、アクションが違ってきます。

ぜひ、どんな困難に遭遇しても、
難しい状況に遭遇するほどに、
心躍らせる、あなたになっていってください。

一朝一夕には、そう上手くはいかなくても、
習慣をアップデートしていくことで、
確実に進化していける部分です。

無限の可能性に溢れている、
自然界の本質を、しっかりと把握して、
最高の習慣を積み重ねていってください。

根津さんの、こんな言葉もありました。

会社再生の秘訣は、
どこに不正と不合理があるか、
その病原を退治することが一番近道である。


社会から得た利益は、
社会に還元する義務がある。


(浜本哲治)