羽生 結弦の名言 はにゅう ゆづる

羽生 結弦【はにゅう ゆづる】Wikipediaより

僕は僕。羽生結弦以上でも、以下でもない。
ありのままの自分が出来る事を、
五輪でもしっかりやりたい。

羽生 結弦 はにゅう ゆづる Yuzuru Hanyu

フィギュアスケート選手 1994〜


いざ本番!
という時に、何か特別なことや、
普段以上の力を出そうと、
思考で考えてしまっては、
本来当たり前に出せる能力さえも出せなくなります。

そんなことを、思考で考えなくても、
人間の脳は、いつでも潜在能力まで含めて、
発揮する準備ができていますし、
いつでもその能力を発揮してくれます。

人間の能力の発揮を妨げるのは、
いつも人間の思考ですね。

そして、潜在能力を、
より深くから多く引き出していくには、
当たり前のレベルを高めておくことです。

何があっても、崩れないレベルを、
どれだけ高めておく準備ができるか。

これにかかってきますね。

思考では、余計なことを考えないことですが。

普段の自分自身、ありのままの自分自身が、
当たり前にできることを、
当たり前にやろうとするだけで充分です。

思考を手放し、チャレンジしていくことが、
最高のパフォーマンス引き出していくコツですね。

羽生さんの、こんな言葉もありました。

オリンピックの本当の怖さ、
オリンピックの魔物というものを少し感じた。


(浜本哲治)