クリント・イーストウッドの名言 Clint Eastwood

クリント・イーストウッド(Clint Eastwood)Wikipediaより

天才に出会ったことなど一度もないね。
私の言う天才とは、
嫌いなことでも得意な奴のことさ。
誰だって、好きなことは得意になれる。
ただ、それが見つかるかどうかの問題なんだ。

クリント・イーストウッド Clint Eastwood

米国の映画俳優 映画監督 1930〜


どこまでも好きになること、
好きでい続けられることは、
とても重要な才能、能力ですね。

どんなに好きなことの中にも、
嫌いなことがあったり、飽きてしまったりして、
結局ものにできないことは多いものです。

好きなことでも、
能力、ポテンシャルを
充分に引き出すことは難しいのですが。

ましてや、嫌いだと感じていることで、
能力を存分に発揮できることはないでしょう。

好きでい続けること、
どこまでも深く好きになっていくには、
無限の可能性を感じていくことです。

限界のあるものは、
いつか飽きてしまいます。

自然界では、無限の可能性は必ず見つかります。

もし、好きなことに出会えていなくて、
好きなことを見つけていくには、
縁あって、今目の前にあるものに、
どこまでも深く追求していく覚悟で、
取り組んでいくことですね。

何事も自ら限界を創ったり、
ただやるだけ、何かを得るためにやるだけ、
というような気持ちで取り組んでいては、
永遠に真に好きになれるものには、
出会えることはないでしょう。

自分の能力を真に引き出してくれる、
好きになれることを探求していくには、
どこまでも深く掘り下げていく必要がありますからね。

どんなに好きなことでも、
表面的に触れているだけで、
真の能力が引き出されることはありません。

とことん深く追求していくことですね。

あなたの真の好きに出会って、
どこまでも深く愛し、探求していってください。

以前紹介した、イーストウッドさんの言葉です。

悲観的見方は好きじゃない。
思い通りに行かなくても先へ進もう。
雨になると思ったら、本当に雨が降るものなんだ。

https://goo.gl/ZpeDuW


(浜本哲治)