金子 みすゞの名言 Misuzu Kaneko

金子 みすゞ(Misuzu Kaneko)Wikipediaより

私が両手をひろげても、お空はちっとも飛べないが、飛べる小鳥は私のように、地面を速くは走れない。
私がからだをゆすっても、きれいな音は出ないけど、あの鳴る鈴は私のように、たくさんな唄は知らないよ。
鈴と、小鳥と、それから私、みんなちがってみんないい。

金子 みすゞ Misuzu Kaneko

童謡詩人 1903〜1930


人間は特に無いものねだりばかりをして、せっかく授かっている宝物を充分に生かせずに、その人生を終えてしまっています。

これは本当にもったいないことですし、時間の浪費とも言えます。

あるもの、授かっているものを最大限に生かしていくことにこそ、全力でエネルギーを注ぎ、時間を使っていくことですね。

そして自然界の存在は、全てが唯一無二の存在です。

違うことが自然ですし、同じようにしようとすること、同じになろうとすることは、とても不自然なことです。

その違いを認め、他の存在の違うところも全て受け入れていくことですね。

自分と違うことを排除したりするのが、人間が陥りがちな傾向です。

これは非常に滑稽なことです。

ぜひあなただけの良さを、持ち味を、最大限生かすことだけを考えチャレンジしてください。

そして、自分と違う自分以外の全ての存在も尊重して、その持ち味を生かせるようにしていってください。

この両輪があってこそ、あなたの才能の進化も、事の成就も実現していくことになりますね。

金子さんの、こんな言葉もありました。

お花が散って、実が熟れて、その実が落ちて、葉が落ちて、それから芽が出て、花が咲く。


明るい方へ 明るい方へ


これまでに紹介した、金子さんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る