岡本 太郎の名言 おかもと たろう

/upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/c3/Tar%C5%8D_Okamoto.jpg

壁は自分自身だ。

岡本 太郎 おかもと・たろう Taro Okamoto

芸術家 1911~1996


どこまで行っても、
あなたの前に立ちはだかっているのは、
あなた自身ですね。

人間は、出来ないことの理由を、
環境や他人のせいにしがちですが。

どんな環境でも、
それを、どう感じ、どうしようとするか。
すべては、あなたが決めることです。

自分には能力がない。
歳だから。若いから。
男性だから、女性だから。。。etc.

自分の限界を創っているのは、
いつも自分自身ですね。

人間界は、不自然な、
統治をしようとする世界ですから。

色んな束縛を課してきますので、
そこに暮らす人間も、
知らず知らずのうちに、
自分自身を、枠にはめてしまっています。

自然界の、植物たちは、
なんと自由なことか。

もちろん、植物も人間も、
物理的な身体を纏っていますから。
自ずと限界があることは、間違いありません。

ただ、人間が自ら創り出す限界や枠は、
例えれば、10mにも成長する大木が、
1mほどの、幼苗の段階で、
これが、自分の限界だと、
思いこんでしまっているような感じでしょう。

また、人間が感じる限界や枠を、
小さなものにしてしまっている、
大きな要因のひとつに。

限界を感じる、限界を超える、
チャレンジをしないことがあります。

使わない筋肉が退化するように、
使わないキャパシティは、
どんどん、小さくなっていきます。

余裕を持たせようとすることは、
大切なことですが。

本来の余裕は、
キャパシティや、能力を、
必死のチャレンジをして、
広げ、高めることで生まれるものです。

毎日、心地いいだけの、
行動をやっていては、
余裕も、どんどんなくなり、
才能も退化していくだけですね。

あなたが毎日使っている、
能力や可能性は、
あなたが持っているものの、
ごく僅かなものです。

まずは、あなた自身を信じてあげてください。

そして、あなたの心を超える、
チャレンジをしていってください!

あなたの心を超えることが、
目の前の壁を、超えることですね!

(浜本哲治)

LINEで送る