ミゲル・デ・セルバンテスの名言 Miguel de Cervantes

ミゲル・デ・セルバンテス(Miguel de Cervantes)Wikipediaより

富を失う者は多くを失い、友人を失う者はさらに多くを失う。
しかし、勇気を失う者はすべてを失うことになる。

ミゲル・デ・セルバンテス Miguel de Cervantes

スペインの小説家 1547~1616


人間が勇気を失う場合の多くは、
何かを失うことの怖れからですね。

勇気が必要な局面は、
様々ありますが、
前に進むだけでなく、
後退すること、止めることにも、
前進する以上に勇気が必要です。

前進も撤退も、休止も、
それまでに、築いたものを、
失う怖れとのせめぎ合いですが。

決断を下す瞬間の、怖れによる躊躇が、
結局、多くのものを失うことに、
なっているケースは多いものです。

この怖れは、すべてを失う覚悟を、
日頃から、培っておくことで、
余裕を持って、決断できますね。

怖れに苛まれると、
結局、無理をすることになります。
チャレンジではない、無理をすると、
これも、結局、失うものが多くなります。

失うことの怖れによって、
多くのものを失う。

例え、すべてを失ったとしても、
勇気さえあれば、いくらでも、
再起することは出来ます。

富などに執着しても、
あなた自身は、人生のゴールとともに、
すべて置いていかなければなりませんし。

残しても、循環、新陳代謝して、
いつの間にか、なくなるものです。

残すべき、また残っていく最高の財産は、
あなたの生き様でしょう。

あなたが夢にチャレンジして、
実現していく姿を見せることほど、
素晴らしい残すべき財産は、他にありません。

自然の植物たちは、
どこででも生きて行ける、
まさに、生き様の詰まった、
種子を残していくだけです。

あなたが夢を実現したいと、
思う心さえ失わなければ、
他は、すべて失ったとしても、
怖れることはありません。

その怖れを、克服しておけば、
勇気を持って、賢明な決断が出来ますね!

(浜本哲治)

LINEで送る