遠藤 幸雄の名言 Yukio Endo

遠藤 幸雄(Yukio Endo)Wikipediaより

私はその感動で泣いたのです。
私の涙は金メダルの涙ではない。
自分に勝てた感動で涙をこぼしたのです。

遠藤 幸雄 Yukio Endo

体操競技選手・東京五輪個人総合金メダリスト 1937〜2009


あらゆる場面で、人間は自分自身との闘いです。

たとえ、それが誰かと競うことであっても、どこまでも常に向き合わなければならないのは自分自身ですね。

ラグビーなどの格闘技でも、闘う相手はいますが、向き合うのは自分自身の恐怖心や、どれだけ自分の持てるものを出せるかです。

たとえゲームに勝ったとしても、自分自身に負けていては、その勝利は自分を成長させるものになりません。

そして、もし勝ちたい何かや、誰かがいるとしたら、その人や何かを目指すのではなく、勝って当たり前、超えて当然のものを目指して、自分自身と向き合うようにした方がいいでしょう。

誰かや何かに勝つこと、その何かを得ることを目指している限り、なかなかそこには辿り着けません。

例えば、点数を取ることを目指す場合、10点が満点で、5点がボーダーラインだとして、そこに向けて、同じ限られた時間を、5点を目指してチャレンジするのと、10点を目指してやるのとでは、明らかにそのチャレンジの中身が違ってきますね。

そして、5点を目指していては、良くて5点、8割方は、そこには届きません。

10点を目指してチャレンジしていれば、5点は当たり前の点数になってきます。

もちろんチャレンジの中身は全く違ってきますが、同じ時間をどう使うかは、発想の転換が必要になるでしょう。

それには、本気で目指すものを高くしていかないと、この発想の転換は生まれてきません。

いずれにしても、向き合わなければならない自分自身に何を求めるか。

あなたの目指すものが、非常に重要ですね。

あなたの目指している夢はどうでしょう?
どうしても実現したい5点を目指しているような、設定になっていませんか?

どうぞ、その夢が実現して当たり前のレベルのものを、本気で目指してください。

あなたが向き合うべき、あなたの心が見えてきますね!

そして、その心に勝利してください!

(浜本哲治)

LINEで送る