藤山 寛美の名言 Kanbi Fujiyama

藤山 寛美(Kanbi Fujiyama)Wikipediaより

夢のない人間の芝居をお客さんが見に来てくれるとは思わないから、なるべく夢のにおいを身につけておきたいと思うのです。

藤山 寛美 Kanbi Fujiyama

喜劇役者 1929~1990


技術であれ物であれ、そこに込められている想いが伝わるものです。

もちろん届ける時には最高のものを届けようとしなければ、感動も幸せ感も満足も届けられませんから、次への期待感も生まれてきませんが。

仮に最高のものを届けられたとしても、そこで終わりのものと、さらに先を感じられるものとでは期待感が違ってきますね。

それは例え同じレベルの技術や物であっても、そこに込められた思いが違いとなって感じられます。

その思いが、目指しているものがあるか、どういう夢を目指しているかで伝わり方が違ってきます。

才能や技術、物づくりに終わりはありません。

究極と思い目指してきたものも、実現してみるとさらに先があることが分かります。

これは果てしなく続いていくものです。

常にひとつの夢の実現は過程なのですが、それに満足してしまうことは夢を諦めることと同じでしょう。

追求を止めてしまって、他に取って代わられた例は数多くありますね。

いつもさらに先を見据えていること。
これは最高の付加価値とも言えるでしょう。

あなたの届けている才能や物、愛には夢が乗っていますか?

どうぞ現状や目前の夢に満足することなく、もっともっと深く追求していく手を休めないでください。

あなたの届ける愛は果てしなく進化していけますよ!

藤山寛美さんは、こんな言葉も遺されています。

芸は水に文字を書くようなもの、書き続けないと見えない。


あなたの才能、あなたが創りだす物が、どこまで進化していくか楽しみですね!

(浜本哲治)

結成当時の松竹新喜劇のメンバー。後列左から5人目が寛美 Wikipediaより
結成当時の松竹新喜劇のメンバー。後列左から5人目が寛美 Wikipediaより

LINEで送る