山岡 鉄舟 やまおか てっしゅう Tessyu Yamaoka

山岡 鉄舟(やまおか てっしゅう)Tessyu Yamaoka Wikipediaより

「修身(鉄舟)二十則」

1.嘘を言うべからず候
2.君のご恩は忘るべからず候
3.父母のご恩は忘るべからず候
4.師のご恩は忘るべからず候
5.人のご恩は忘るべからず候
6.神仏ならびに長者を粗末にすべからず候
7.幼者をあなどるべからず候
8.己に心よからざることは他人に求むべからず
9.腹を立つるは道にあらず候
10.何事も不幸を喜ぶべからず候
11.力の及ぶ限りは善き方につくすべく候
12.他をかえりみずして自分のよきことばかりすべからず候
13.食するたびに稼穡(かしょく=種まきと収穫、農業のこと)
の艱難を思うべし。
14.すべて草木土石にても粗末にすべからず候
15.ことさらに着物を飾り、あるいはうわべをつくろう者は、
16.心に濁りあるものと心得べく候
17.礼儀を乱るべからず候
18.何時何人に接するも客人に接するように心得うべく候
19.己の知らざることは何人にても習うべく候
20.名利のために学問技芸すべからず候
21.人にはすべて能、不能あり。
22.いちがいに人をすて、あるいは笑うべからず候
23.己の善行を誇り顔に人に知らしむべからず。
24.すべて我が心に恥ざるに務むべく候

山岡 鉄舟 やまおか てっしゅう Tessyu Yamaoka

幕末の幕臣 明治時代の政治家 思想家 1836〜1888


山岡さんが15歳の時に、
自らを律するために定めたものだと言われています。

自らを修めるためや、道を極めるための、
原点はいつの時代も変わらないものですね。

自然の摂理や当たり前のことが、
わからなくなっている現代でも、
また、いつの間にか本来の道を外れてしまう人間界では、
常々、原点を感じること、学ぶこと、追求することは、
大切なことでしょう。

本来、自然の摂理に沿ったチャレンジや、
真理を基準とした行動は、
最も充実感を感じ、最高に愉しめるものですが。

それを難しいもの、辛いものと感じるとしたら、
それは、どこかが不自然であると言えるでしょう。

夢の実現も、才能の進化も、
当たり前のこと、自然に沿ったことを、
ひとつひとつ積み重ねていくことが、
最も実現が確実で早いものであることを、
知り、実感していくことでしょうね。

真の充実感、幸福感を感じられるのは、
決して、テクニックではありません。

夢の実現も、才能の進化も、
見せかけがそうなっただけでは、
更なる、高みには進んでいけませんし、
脆く崩れてしまうものです。

自然界では無理をしなくても、
チャレンジをし続けていれば、
どんな夢も実現していきます。

無理をすること、せざるを得ないことも、
自然の摂理にもとっていないかを、
充分に感じてみることですね。

どうぞ、堅固な基盤を築き、
どこまでも成長、進化していくためにも、
また、心身の健康をいつまでも保っていくためにも、
いつも、原点である真理、自然の摂理を基準として、
その方向に、才能を追求していってください。

今すぐにでも始められて、
すぐにその素晴らしさを実感することになりますね。

(浜本哲治)

西郷・山岡会見の史跡碑(静岡市葵区)Wikipediaより
西郷・山岡会見の史跡碑(静岡市葵区)Wikipediaより

LINEで送る