大亀 孝裕の名言 Takahiro Oogame

大亀 孝裕(Takahiro Oogame)

叱るだけでは人は動いてくれません。
そのうちに、従業員に対しては、彼らの長所を見つけ、それを生かすような形で仕事を任せれば、おおいに力を発揮してくれることに気づきました。

大亀 孝裕Takahiro Oogame

ダイキ株式会社の創業者 1931〜


自分自身を感じてみると明らかですが、叱られてばかりでは、人間は萎縮してしまいます。

叱られて奮起することも、そういうタイプの人もいるでしょうが、叱られてばかりでは可能性を広げられませんし、才能が飛躍的に開花することはないでしょう。

同じチャレンジをするにも、叱られないようにしようとするのと、褒められるようにしようとするのとでは、明らかにチャレンジの質が違ってきます。

叱られるような現象を起こしてしまうのは、色んな意味で気づいていないケースが多く、まず考えるのは、何に気づいていないのか、いかにして気づかせるかでしょう。

これも間違いなく、自ら実践する背中を見せるのがいちばんです。

また、叱ることと怒ることは全く違うものですから、怒りの感情があっては叱る意味もありません。

100%の愛情を持って、叱ることはやった方がいいですね。

本人が気づいていないことの中に、自分の長所、個性、持ち味が何なのかというのもあるでしょう。

これに気づかせてあげることは、親としてリーダーとして最も大切なことですね。

そして、最も多いのが自然の摂理に気づいていないことでしょうね。

人間が言葉で言われても気づくことが少ないのは、思考の領域でわかることと、心の領域で気づくことが違うからです。

叱りの多くは感情が混じっていますし、またその感情の多くは、その本人のためというより、叱る人にとってどうかという思考が働いているため、叱られる言葉自体は、心に届くこともなく、思考でわかった気になるだけですから、同じようなことが起こる可能性は高くなります。

同じ言葉を投げかけるにしても、感情ではなく、愛情だけの、本人のためだけを思った言葉であれば、必ず心に届くもので、本当の気づきを得る可能性も高いでしょう。

あなた自身が叱られた場合は、この裏返しですから、相手の感情や、あなたの感情に振り回されたり囚われていては、出来事の真意が見えてきませんし、気づきが得られませんから、他の遭遇する出来事同様に、叱られたという出来事の中から宝を探し出すことですね。

あなた自身も、長所、個性、持ち味を、どれだけ最大限活かせるかを考え感じることです。

植物たちもそうですが、人間も全てに万能はありえません。

できないこと、不得手なことがあって当たり前ですから、それに命の時間を割くよりは、あなたらしさを活かすことに専念してください。

環境の変化も、事態の打開も、そこに突破口を見つけることですね。

あなたの才能、能力は、きっと応えてくれますよ!

(浜本哲治)

LINEで送る