朝吹 登水子の名言 Tomiko Asabuki

朝吹 登水子(Tomiko Asabuki)

せっかくこの世に生まれてきたのだから、感動なしに生きていてはもったいない。

朝吹 登水子 Tomiko Asabuki

フランス文学者 随筆家 1917〜2005


感動することもエネルギーになっていきますから、このエネルギーを感じることは、とても大切なことですね。

そして、他の感情のエネルギーと同様に、長くは蓄積しておけるものではありませんので、ひとつには、増幅させるために感動のエネルギーを放出していくことですね。

どちらかと言うと、あまり囚われたくないエネルギーに、いつまでも心を向けていて放出してしまうケースの方が多いでしょう。

誰かに伝えなくても、言葉や行動にするだけで、自分の中だけでもエネルギーは循環、増幅するものです。

沸々と湧いてくる感情を、どんなエネルギーにするかは、まさに自分次第、フォーカス次第ですね。

どういうエネルギーに心を向け、放出していくかは本当に重要です。

そうは言っても、ポジティブなエネルギーもネガティブなエネルギーも、次第に鮮度が落ちていきますし、色褪せてきます。

成長、進化のためには、常に新鮮な刺激が必要な脳には、日々鮮度の高い感動の刺激を与えてあげることです。

ここがもうひとつのポイントである、常に感動を感じておくことです。

最近は、社会環境の影響か、感動にも手間ひまがかかり人工化していますね。

薬や加工食品化した食べ物同様、感覚を麻痺させられているのかもしれませんね。

本来感動の種子は、日常の中に溢れるほどにあります。

大きな感動も大切ですが、脳を活性化して、様々な能力を引き出すために与える新鮮な刺激からすれば、小さな感動をたくさん見つけていく方が遥かに効果的でしょう。

日常の中から感動を見つけることは、あなた自身の変化、進化を感じ取ることにも役立ちますから、脳を最も歓ばせることにも直結していきます。

不思議なことや、出来事の要因、本質がわかることも大きな感動になりますし、自然の摂理、真理を知り、体感していくにも、日常の中の感動を見つけていくことでしょう。

感じる能力も放出する能力も、どこまでも進化していける能力です。

日常の中から感動を感じられなくなることは、進化が停滞しているとも言えるでしょう。

身体の栄養が自然のものがいいように、ぜひあなたの感性も自然で目醒めさせてください。

自然と言っても、大自然に抱かれる必要はありません。
目の前で起こる出来事の中から、どれだけ感動を感じられるかです。

これは、進化のひとつのバロメーターになりますね。

あなたの素晴らしい才能、能力も自然で磨かれていくのが、もっとも進化が速いのは間違いないでしょう。

(浜本哲治)

悲しみよこんにちは

悲しみよこんにちは


LINEで送る