岡村 喬生の名言 Takao Okamura

岡村 喬生(Takao Okamura)Amazonより

挑戦に勝る結果はない。

岡村 喬生 Takao Okamura

バス歌手 1931〜


夢へのチャレンジの本当の価値は、自分自身が進化することにあります。

もちろん誰かを幸せにするという、自然界で目指すべき、確実に実現できる夢を実現していくことにも大きな価値はありますが。

仮にその夢が実現しなくても、実現に向けて真剣にチャレンジして進化できたことに、夢の実現という結果以上に大きな価値があります。

逆に言えば、夢は実現しても、自分自身が成長、進化できていなければ充実感や満足感も少なくなるでしょう。

チャレンジをすれば、必ず結果がでます。
そして夢に極みがないように、才能の究極がないように、どういう結果が現れようと、夢の実現を目指している人は、最期の瞬間までチャレンジし続けることになります。

いい結果であっても、さらに高みがありますから、さらにチャレンジすることになるでしょうし、よくない結果であれば学びがあり、それが次のチャレンジに活かされることになります。

チャレンジの答えが結果であり、さらなるチャレンジの糧が結果です。

また何もチャレンジしなくても、チャレンジしない結果というものを時間のエネルギーは生み出してきます。

その結果が、チャレンジした結果に勝ることはまずないでしょう。

結果を気にし過ぎたり、結果によって誰かに何かを言われることを気にしたりして、チャレンジを逡巡している場面をよく見かけますが。

夢が実現することよりも、チャレンジして自分自身が成長、進化することに意味があるように、チャレンジもチャレンジすることに価値があります。

チャレンジしてもしなくても結果は出ます。

夢の実現に近づく結果を出していくにはチャレンジするしかありません。

結果はあなたの才能、能力の進化とともに必ず進化していきます。
その過程で、誰かに何かを言われても関係ありませんね。

自分の目指す夢がはっきりしていれば、そこに到達するまでチャレンジあるのみですね。

そのチャレンジの結果を考える必要はありません。
夢だけを見据えて、最高のチャレンジをすること、し続けることだけを考えていくことです。

それが夢への最短、最速の道のりになりますし、才能、能力が最も効果的進化できる方法ですね。

岡村喬生さんのこんな言葉もあります。

人生は読めません。
目の前に来たチャンスは絶対に試さなきゃいかん。


自然界はほんの些細なことで、違いで、何が起こるかわからない世界です。

与えられた時間も短く限られています。
何を自分が起こせるのか、これを自分自身で感じていくにも、その醍醐味を存分に味わうためにもチャレンジあるのみですね。

(浜本哲治)

LINEで送る