荻生 徂徠の名言 おぎゅう そらい

荻生 徂徠【おぎゅう そらい】Wikipediaより

人を用うるの道は、その長所をとりて、短所はかまわぬことなり。
長所に短所はつきてならぬもの故、短所は知るに及ばず。
ただよく長所を用うれば天下に棄物なし。

荻生 徂徠 おぎゅう そらい Sorai Ogyuu

江戸時代中期の儒学者 思想家 1666〜1728


荻生さんの「徂徠訓」と言われるものがあります。

徂徠訓
一、人の長所を初めより知らんと求むべからず。
  人を用いて、初めて、長所の現はるるものなり。
ニ、人はその長所のみを取らば、即ち可なり。短所を知るを要せず。
三、己が好みに合う者のみを用ふるなかれ。
四、小過を咎める用なし。ただ事を大切になさば可なり。
五、用ふる上は、その事を十分にゆだぬべし。
六、上にある者、下の者と才智をあらそふべからず。
七、人材は必ず一癖あるものなり。器材なるが故なり。癖を捨つべからず。
八、かくして、上手に人を用ふれば事に適し、
  時に応ずる人物、必ずこれにあり。
九、小事を気にせず、流れる雲のごとし。

これは、誰かを見守るケースでも、
自分自身が事に当たる場合にも言える、
大切なことですね。

まだまだ、短所と思われるところを、
矯正することが、成長、進化に最適だと、
考えている人は多いですね。

最適だとは考えていなくても、
通常、自然界の自然な状態として、
誰かの、また自分自身の長所と感じられるものは2割程度で、
大半の8割は、短所、または長所ではない。
と感じられるところですから、

そこにフォーカスしてしまうことが、
多くなるのも、仕方のないことでしょう。

ただ、ひとつの得意な才能や能力を、
追求していくことでさえ、
極められることはありませんから、
短所と感じられる部分も、
ひとつの才能、能力と考えれば、
それを矯正しても、その追求が終わることはないでしょう。

また、仮にひとつの短所が、
矯正できたとしても、別の新たな短所が気になって、
その矯正が始まるだけですから、
短い時間制限のある人生で、
それをし尽くすことは、不可能と言えるでしょう。

さらに言えば、
短所と感じている部分も、
自分自身が感じるだけであって、
他の誰かにとっては、それが最高の長所だと、
感じられることもあります。

そんな短所に囚われていて、
ストレスをたくさん溜め込み、
前に進むより、立ち止まることの方が多くなっていては、
夢の実現や才能、能力の開発、進化はままならないでしょう。

自分自身の、また見守る人も、
ひたすら長所と付き合っていくことです。

長所を見つけ、長所にフォーカスして、
チャレンジしていく能力が、
夢の実現、才能の開発には、最も必要であり、
磨いていく必要のある能力でしょう。

この能力は、遭遇する出来事の、
真意を見極める能力にも繋がっていきます。

長所にフォーカスする習慣。
長所しか見ない思考。
この能力は、いくらでも身につけることができる能力です。

他のどんな能力を磨くより、
この能力を磨いた方が、
夢の実現、才能の進化はもとより、
充実した人生に、いちはやく到達して、
さらに、先の領域が見えてきますね。

ぜひ、この無敵の習慣、思考は、
すぐにでも習得してください。

(浜本哲治)

LINEで送る