徳川 光圀の名言 とくがわ みつくに

徳川 光圀【とくがわ みつくに】Wikipediaより

苦は楽の種、楽は苦の種と知るべし。

徳川 光圀とくがわ みつくに Mitsukuni Tokugawa

常陸国水戸藩の第2代藩主「水戸黄門」1628〜1701


苦楽は表裏一体ですし、
自然界のエネルギーの波ですから、
それは、必ず存在するものです。

苦も楽も、ひとつには捉え方の問題でもありますし、
感情的なことに過ぎません。
どちらも、進化のためには必要不可欠なものだと、
認識してしまうことですね。

苦も楽も、最高で最善で素敵なことだと、
感じてしまうことは、思考習慣でもできますが、
それには、自然界の本質を理解することですね。

自然界には、良いも悪いもなく、
単にエネルギーの波があるだけです。

いつまでも、苦に感じられることが続くことはありません。
同様に、楽に感じられることもそうですね。

常に変化して、
楽に感じられること、苦に感じられることの間を、
揺れ動きながら、進んで行くのが自然界です。

人間に感情があるのは、前に進んでいく、
エネルギーにしていくためと、
進んで行く方向の気づきを得るためです。

とかく、出来事そのものや、
感情に囚われ、振り回されて、
前に進むエネルギーにできていないのが人間でしょう。

感情も愉しむことです。
エネルギーになる大切なものですから、
大いに感じることです。

感情に振り回されるのが嫌だからと、
感じないようにするのも、不自然なことですし、
これはこれで、エネルギーが不足して前に進めません。

苦楽が交互にやって来るからと、
振れることを心配したり、振れないようにするのではなく、
自然界がそういうものだと知ることが大切で、
それを、いかに活用していくかを試行錯誤していくことですね。

苦と楽の間を行き来しているので、
その動きだけを見ると、波状に見えますが、
一日や季節の移り変わりを感じてもわかるように、
それは、円運動を描いています。

波状に見える動きは、
厳密には、スパイラル状を描いています。

季節も同じような季節を繰り返しますが、
決して同じではありませんね。

自然界のエネルギーは、
この波状、スパイラル状の動きになっているので、
壁や障害物などを超えていけるものになります。

この動き、揺らぎを、
いかに活用するかが、
あなたの進化に直結します。

まずは、そういうものだと認識して、
その揺らぎをあなたの中に取り込んでください。
夢の実現、才能の成長、進化に活用してください。

本質を知り、そのコツを掴んでいくと、
あらゆる場面を愉しめて、
全てを進化に繋げていけますね。

その奥義とも言える、光圀さんの言葉です。

生くべきときに生き、死すべきときに死す。
ものごとに拘泥せず、また執着しない。
あればあったで楽しめばよいし、なければないでかまわない。


完成、完璧がない自然界では、
極められることはありませんが、
今、究極と感じられる到達点を、
本気で目指すことで、
この心境には到達できるでしょう。

どうぞ、到達点にゴールのない自然界で、
タイムリミットまでに、どれだけ遠くに、高みに辿り着けるかに、
チャレンジしていってください。

ゴールがないからこそ、
到達点を決めることが重要になりますね。

(浜本哲治)

LINEで送る