広瀬 淡窓の名言 Tansou Hirose

広瀬淡窓(Tansou Hirose)Wikipediaより

人 天を敬うことを知れば
則ち 善は勉めずして成り
悪は禁ぜずして去る

広瀬 淡窓 Tansou Hirose

江戸時代の儒学者 教育者 漢詩人 1782〜1856


天とはまさに自然の理でしょう。

自然界のルールに沿っていれば、事の成就も非常に成りやすいものです。

そして全ての現象はエネルギーの共鳴で起こる自然界ですから、自然の摂理に沿ったエネルギーを放出していれば、問題となることは引き寄せられず起こりません。

人間が暮らす自然界は非常にシンプルなメカニズムで成り立っています。

その非常にシンプルで簡単な原理を、人間界では難しく考え過ぎたり難しいものにしてしまっています。

シンプルなメカニズムを、さらに効果的にできないかと考えるのでしょうが、何かを付け足したりして複雑にしてしまっているケースは非常に多いものです。

これでは実践することも難しくなり、人間界の多くの常識や風習などが、こういう根源ではないところにありますから多くの問題を引き起こしていますし、実践や事の成就を難しいものにしています。

本質、真理、原理の方向に全ての追求は向けて行くことです。

本来自然界の基本は、自然界で暮らす生き物全てに適用されますから、誰にでもその実践は簡単にできることです。

それが人間界では、わかっているができない。難しい。などと言うものになってしまっています。

人間界の常識や基本ではなく、自然界の原理原則は何も付け加えることなく、そのシンプルな法則通りに実践していくことです。
そのシンプルなままの実践を追求していくことです。

その実践が難しいものになってきたり、事の成就が進んでいかなくなったら、実践に不自然が加わってきたか、思考で不自然に囚われていると考えて間違いないでしょう。

人間の思考は、経験などもどんどん抱え込んで雪だるまのように膨れ上がり、いつの間にか複雑怪奇なものになっています。

本来人間の脳は、思考で抱え込まなくても大切なことはしっかりとインプットされていますから、思考領域ではできるだけ抱え込まずに、いかに手放していくか、削ぎ落としていくかを考えた方がいいでしょう。

同時に全てがインプットされた潜在領域の情報を、いつでも自在に引き出せるようにしていけば思考のシンプル化はさらに進んでいくでしょう。

シンプルな方向、本質の方向に追求したり研ぎ澄ましていくことには、限界や行き詰まりがあるように考えられているケースもあるようですが、本質の方向への追求に終わりはありません。

行き詰まるケースも、本質から外れた場合に起こることばかりです。

人間はその持てる能力をもっともっと引き出していくためには、もっともっと思考もシンプルに削ぎ落とし、才能もシンプルな方向に研ぎ澄ましていくことです。

ひとつの物質が、どこまでも小さくしていっても無になることがないように、能力の本質への追求に終わりはありません。

あなたの素晴らしい才能は、どこまでも進化していけます。

ぜひ、自然界の原理原則に向けてシンプルに削ぎ落とす方向で、どこまでも深く追求していってください。

事の成就は次々と実現していきますよ!

(浜本哲治)

広瀬淡窓旧宅(南家)Wikipediaより
広瀬淡窓旧宅(南家)Wikipediaより

LINEで送る